ホーム>館長ブログ

館長ブログ

小山泰明と稀勢の里 建武館 館長

1998年5月場所後に横綱に昇進した若乃花以来、日本出身力士としては19年ぶりに横綱に昇進した稀勢の里。その稀勢の里の人柄や相撲に対する姿勢は、どことなく小山とダブることが多い。

稀勢の里は言う。同じことをやり続けるのは辛くつまらないことだけど、それをやり続けることが自分のかたち。楽をしたい自分に甘えないで、自分に負けないようにすると。
15歳で入門して以来、休場は大関だった2014年初場所千秋楽のたった1日だけだそうだ。これは、先代師匠の隆の里の教えでもあった。隆の里は糖尿病に苦しみながら入院先から本場所に通ったという。稀勢の里は、そんな師匠の弱音を吐かない後姿を見て育った。だから、苦しいこと、悔しいことがあったが、腐らずにやってこれたのだろう。

小山もまさにそうだ。試合がまだ決まっていないときの練習。やる気がないときの練習。そんな時はたいがいの者は手を抜く。今日はいいか…とさぼることもあるかもしれない。しかし小山はやっていた。最後の試合が終わり、引退した今でも、現役のときと変わらず、淡々と練習をしている。若手選手が早々と帰ったあとや、若手が練習をしない日も、たった一人でもやっていることもたびたびあった。

稀勢の里は13日目で左肩を痛めた。しかしけがを押して出場した。「将来を考えて休んで」という声もあったが出場した。そんなところも小山はそっくりだ。強い精神力、くさらない心は、二人に共通するところなのだ。

--------------------------------
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
--------------------------------

小山を語る5 「小山という男」 建武館 館長

小山という男

試合は過酷を極める。殴り倒すため、蹴り倒すために加減もしないで相手の弱点や無防備に攻撃を仕掛ける。その緊張からくる精神的ダメージと、殴り殴られる肉体的なダメージは半端でない。

そのダメージと体の節々の痛みは試合後何日も引きずる。たいがい選手はダメージの回復を早めるため積極的休養をとる。さすがの小山も、翌日の練習は軽く動かす程度だ。

だが、ほかの選手と違うところが一つある。それは、稽古の締めくくりに行う自由組手の最後の一戦は、必ず私に願い出るところだ。もちろん、体が痛くて組手にならない。回復を早めるなら、できれば体を酷使しないほうが賢い。だけどそれを承知で、やる。全力で、やる。

思い返せば、高校1年から始めた空手でもそうだった。自由組手のときに、自分から進んで先代や私に何度も、何度も組手を願ってくる。ローで倒されても起き上がり、痛いだろうに顔色を変えずにまた挑んでくる。それがチャンピオンになった今でも変わらずにやり続けているのだ。

小山はそんな男なのだ。私はそういうところがたまらなく好きだ。いままで悔しかった試合もあったろう。だけど最後まであきらめることはなかった。小山には強い精神力、くさらない心が宿っているのだ。

--------------------------------
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
--------------------------------

小山を語る4 「ド根性の男」 建武館 館長

ド根性の男

プロのチャンピオンの夢を実現するため、小山は2008年、大学4年でプロキックボクサーとしてデビューを果たした。大学を卒業すると小山は、その夢を加速するためあえて就職の道を選ばず建武館に残り、子どもの指導をしながらハードな練習漬けの毎日を送った。

その頃小山は実家の都合ですでに大田区の蒲田に引っ越していた。板橋までは長い道のりだ。それでも小山は毎日、毎日、通い続けた。

小山は火・木・土に指導をしていた。早めに道場に来て1時間ほど汗を流してから指導に入る。指導が終わると選手育成コースでみっちり練習し、休む間もなく空手衣に着替えて一般空手コースで稽古を受ける。それでも飽き足らず居残りで23時頃まで黙々と自主練をする。帰りは零時を過ぎることもある。これが小山の日課だ。

月・水・金はフリーだ。体を休めてもいい。だけど小山は道場に来た。
先代が始めた3時稽古というものがある。プロに転向した者に、その名の通り午後3時からの1時間、先代が特別メニューでみっちり特訓するものだ。この、たった1時間の練習のために、小山は2時間以上も時間をかけてくることが何度あったことか。

大学時代に学生キックのフェザー級チャンピオンになった小山。今度はプロのチャンピオンになるべく、努力を積み重ねていったのだ。まさにド根性の男である。

--------------------------------
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
--------------------------------

小山を語る3 「道場と大学キックボクシング部との両立」 建武館 館長

道場と大学キックボクシング部との両立

先代館長の重戦車のような重たく骨に染み入るローキックの薫陶を受けながら、小山は徐々に地力をつけていった。

平成17年の春。小山は國學院大学に入学した。そして道場稽古を両立させますということで、キックボクシング部に入部することになった。

2年の月日が経ち、小山が3年生の時に全日本学生キックボクシング連盟が主催する大会で大活躍した。春の大会で技能賞に3度輝き、秋には最優秀選手賞を受賞、そしてフェザー級チャンピオンに認定されたのだった。

小山は空手でも活躍。新空手の交流大会にも出場して好成績を収めた。平成19年には新空手道全日本選手権大会に出場してK-2グランプリ軽量級 準優勝。続く平成20年にも準優勝し、2大会連続の大活躍を見せた。

大学の部活の練習はとてもハードだった。毎日2時間、夕方の6時、7時ごろまでみっちり練習する。しかし小山は私との約束通り、キック部の練習を終えるとすぐに道場の稽古にも来て、しっかりと両立させていた。


若木育成会という在学生保護者の組織が様々な分野で活躍する学生の"頑張り"にスポットを当ててその活動を称える「若木チャレンジ賞」。小山はそのチャレンジが認められて、個人の部受賞者の一人にも小山は選ばれている。

--------------------------------
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
--------------------------------

小山を語る2 「驚くべき根性」 建武館 館長

驚くべき根性

キックボクシングを習い始めた小山は努力家でとても実直な性格。それが練習態度にも表れていた。こいつに空手衣も着させたい。そう思うようになった。

通い始めて一年が過ぎたころ、小山に聞くことにした。すると「やります」という返事。小山は空手も始めることになった。忘れもしない平成16年6月24日、小山と組手ができるようになったのだ。

当時、高校1年生だった小山はまだ体もできておらず、テクニックも上達途中だった。だけど根性だけは他の追随を許さぬものを持っていた。

まだ先代館長が現役で指導している頃。稽古の締めくくりに行う自由組手では黒帯が一列目、色帯が二列目で並ぶ。ひと組目の組手が終わると、色帯が右に移動して一つ上の黒帯と組手をする。

何度かやると、あとはやりたい人と自由にやれる。自分より格下とやる者もいれば、終わって見学する者もいる。そんな中で、必ず小山は自分より強い格上の先輩に組手を申し出る。

小山は私との実力差はまだ歴然としていて、組手をやるとローキックでペシャンコになった。私の次に、左隣にいる館長(当時)に移り、組手指南を願う。もちろん私以上に、もう枯葉がひらひら舞うようにー大袈裟に聞こえるが本当にー崩れ落ちていた。

ところがそれで終わらないのが、小山だ。また私、館長と…。そして三度、私の所に舞い戻って組手を願ってくる。これが小山の本領、真骨頂。こんなに挑んでくる後輩は、後にも先にも小山ただ一人。驚くべき根性。
 

--------------------------------
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
--------------------------------

小山を語る1 「建武館への入会を決める」 建武館 館長

いよいよ12.4スーパーフェザー級タイトル防衛が近づいた小山泰明。
その小山についてお話をしようと思う。

 

建武館への入会を決める

小山は板橋区加賀という土地に生まれ、地元にある金沢小学校を卒業した板橋っ子だ。中学まではずっと野球少年だった。

硬式野球をやっていた小山は高校に入ってからも野球を続けたかったが軟式のため断念。体を動かすことが好きだったので何かやりたいことを探していた。

そんなある日、小山の家のポストに届けられていた1枚のチラシ。道場生募集と書いてあった建武館のチラシだった。

もともと格闘技好きで、よくK-1観戦していた。そこで小山はチラシを片手にキックコースを見学し、すぐに入会を決めた。高校1年生の時だった。

高校の野球部が硬式だったら、小山はここにいなかったかもしれない。1枚のチラシが小山を導いてくれたのだった。

--------------------------------
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
--------------------------------

外掃除の話。 建武館 館長

落ち葉拾い 外掃除 平成28年度 秋の板橋クリーン作戦 by 建武館 日本空手道建武館 篠田剛

学生時代はボロボロに破れた羽織袴と高下駄で通学。
そんな姿での往来で、さぞご近所は迷惑千万だろう。

そこで、せめてもの償いにと、
通学前に、早朝の落ち葉拾いを始めた。

ご近所に迷惑をかけている分、
努めて人の為に何かしようと思ったのだった。

さて…。
道場では気合いも返事も大きな声を出させている。
自分も周りも元気になるからだ。

でもそれは道場の中だけ許される話。
外での大声は、ご近所は認めてはいない。

もしかしたら夜勤で眠っている人がいるかもしれない。
病気で寝込んでいるかもしれない。

道場の3階の住人さんに至っては毎晩遅くまで、
サンドバッグやタイマーの音に頭を痛めているだろう。

そんな想像が、できる人になってもらいたい。そして…
外掃除が、その、せめてもの償いなんだと気づける人に。

建武館では、
そんなことも願って、外掃除を毎回行っているのだ。

--------------------------------
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
--------------------------------

お礼 板橋区民まつり演武 建武館 館長

第45回 板橋区民まつり 空手演武 買い物と交流のひろば 日本空手道建武館 篠田剛

多くの方々に支えられて演武を行うことができた。
ここに改めて感謝とお礼を申し上げたい。

ところで。
演武のご依頼を喜んでお引き受けする理由がある。
それは第一に、子ども達にとっての励みとなるから。

そしてあと一つある。
空手の本当のよさを知ってもらう機会となるからだ。

そのために行うのがナレーションだ。
空手に対する想いをナレーションで語らせている。

観衆や子ども達が聞き届けてくれたかどうかは別に、
演武の合間には必ずナレーションを入れている。

これがなければ演武の目的がかすれてしまう。
技だけでなくこころの部分も披露するのが目的だから。

今回は、「建武館の標語とアンパンマン」について。
以下、本番で語ったナレーションそのままを載せる。

 

 

建武館の標語は、「今、必要なのは弱者へのやさしさ、損をしても正しいことをする正義感」。そこで思い出すのが、みんながよく知っているアンパンマンです。
アンパンマンは自分の顔の一部を食べさせました。子どもにとってはドキッとするようなシーンですが、確かに食べさせていました。
 
作者のやなせたかしさんが絵本の後書きでこのように語っています。
『ほんとうの正義というものは、決してかっこうのいいものではないし、そしてそのために必ず自分も深く傷つくものです。空腹の人に顔の一部を与えることで、悪者と戦う力が落ちると分かっていても、目の前の人を見捨てることはしない。かつそれでありながら、たとえどんな敵が相手でも戦いも放棄しない―。』
 
・正義を守る
・弱い者の味方をする
・そして、それは犠牲を払ってでも行う
 
これがアンパンマンのテーマでした。建武館の標語は、まさに、アンパンマンのテーマと同じなんです。
これからも建武館は、弱者へのやさしさ、損をしても正しいことをする正義感を子ども達の心に刻みつけていきたいと思います…。
 
第45回板橋区民まつり 空手演武 アンパンマン 日本空手道建武館 篠田剛

 

 

この、やなせたかし氏のことばを聞くと、
ふと、おやじの言葉を思い出す。
 
「弱い者いじめをしている者が目の前にいたら、
それを止められるかどうかだ。男気を持て」

正義のためには自分も深く傷つく。
その覚悟を身につけるための空手でもある。

そんなことを、おやじから教わった気がする。
今になって思えば、だ。

これからも、空手っていいんだぜ!ということを、
声を大にして世の中に語り続けていきたい。

空手に救われたわが身にとって、
この活動はもう、一生をかけた仕事だ。
 
第45回板橋区民まつり 空手演武 観衆 日本空手道建武館 篠田剛

---------------------------------
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
--------------------------------

正義ハッカー養成 まず道徳  建武館 館長

正義ハッカー養成 まず道徳 空手道場 館長 篠田 剛

2016年(平成28年)9月1日読売新聞朝刊14面


2016年8月26日の読売新聞を読んで思うところがあった。
ハッカーの技術が悪用される危険もあり諸刃の剣だ。

実は空手もハッカー養成と似たところがある。
殴る蹴るの野蛮な道具を正義の振る舞いに使わせるところがそれだ。
また一歩間違えれば悪の養成所にもなるというところも似ている。

正義のハッカーを養成するのもいい。
だがしかしその前にやるべきことがある。

それは、正義を守る、弱い者の味方をするという
人の道を説いて聞かせることだ。

これは総務省にゆだねるということではない。
我々、親や大人の責任として幼少のころから説くということだ。

賢さを、サイバーテロに使わせてはいけない。
腕っぷしの強さを、弱い者いじめに使わせてはいけないのだ。

-----------------------------------------------------
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
----------------------------------------------------

海に思う  建武館 館長

2016年7月30日、久しぶりK-1の舞台。
海と太陽がエントリーした。

太陽は延長の末に惜敗したが、彼は伸びしろがありずば抜けた素質の持ち主。
本人がそれに気づき、自ら伸ばすかだ。太陽の奮起に期待したい。

海は勝ち進み、決勝まで駒を進めた。
パンフレットにある、海の将来の目標が “家族を支える職に就くこと” 。

他の選手のほとんどはプロキックボクサーを目指している。
そういう中にあって、海のコメントは異色であった。

それは決して戦いに逃げているのはない。
また、侮っているのでもない。

ではなぜ出場したのか。
それは、建武館の力を証明したかったのではないか。

道場では「強いだけじゃだめ」と子ども達によく言っている。
人として立派になれ、と。

“だけどそればかり言って本当に強くなれるのか。
そんな念仏みたいに言ってるだけでは強くなれないのでは…。”

…よし、そんな半信半疑に思う人の心を、ぶち壊してやろう。
俺が出場してそれを実証してみせる。


海の言葉にはそういう意気込みが感じられてならない。
まあ、海からすれば「そんな買いかぶりですよ」と言うかもしれないが。

こんなこと書き綴ると、11月はとてもプレッシャーになりそうだ。
でも海、ここはひとつ、家族を支える職に就くための“試練”と思ってね。



K-1甲子園2016決勝戦
大会:「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN 」
日時:11月3日(木)
会場:東京・国立代々木競技場第二体育館

-----------------------------------------------------
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
----------------------------------------------------

loading...