アマチュア打撃格闘技 JAPANCUP2024 結果

6月9日(日) 大田区のサウス東京ANNEXで開催された「アマチュア打撃格闘技 JAPAN CUP2024」に建武館から高校生1名、中学生1名、小学生10名が参戦しました。

この大会は、新空手だけでなく、他団体からも強豪が参加する大会で、この大会で、優勝することを目標にして1年間、稽古しています。

午前中は小学生・中学生のK-4ルールの部のトーナメントが行われました。

建武館からも、新空手エキスパートクラスの選手10名が参戦しましたが、1回戦を勝ち上がるのも難しく8名が初戦敗退となりました。

 

厳しい業況の中で頑張ってのが、6年生の二人。

 

1人は、小学6年生部重量級の戸田虎太郎。

K-4エキスパートクラスでは、「常に優勝」というほどの成績を残していますが、「JAPANCUP2023」では一回戦敗退。昨年秋の「CHAMPIONSHIP」でも1回戦敗退と結果が残せずにいました。

今回は、対大型選手の特訓の成果を発揮して、全ての試合を圧勝という内容で優勝しました。

         

            JAPANCUP Kー4小学6年生部重量級

                     優勝

                   戸田 虎太郎

 

もう1人は、小学5・6年生部軽量級の濵野凛太郎。

昨年は、「JAPANCUP2023」「CHAMPIONSHIP」で優勝し2冠に輝き、                新空手の年間優秀選手にも選出。これ以上ない結果を残しました。  

今大会は、厳しくなった相手選手からのマークと2連覇のプレッシャーと戦いながらの参戦でした。

1回戦から吐き気を催すほどのプレッシャーを感じながら懸命に戦い、本調子ではない動きながら、

決勝まで進出。決勝では、関西から来た強敵に敗れましたが、称賛されるべき準優勝でした。

 

 

         

            JAPANCUP K-4小学5・6年生部軽量級

                   準優勝 

                 濵野 凛太郎

 

午後は、中学生以上のK-3、K-2ルールのトーナメントでした。

高校1年の木村仁紀は、初めての一般部への参加。

大人と戦う緊張感中で準優勝となりました。

 

          

            JAPANCUP Bクラス 一般部 -60Kg

                    準優勝

                   木村 仁紀

 

中学3年の濵野虎太郎は、受験勉強を先送りにしての参戦。

誰もが認める身体能力とセンスを持っていますが、大きな大会での優勝経験が無く、

今回は、初優勝かと思われましたが、決勝で惜敗、準優勝でした。

         

               JAPANCUP 中学生部 -55Kg

                    準優勝

                  濵野 虎太郎

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お問い合わせ

無料体験・見学お申込み、お気軽にお問い合わせ下さい
  • 電話番号: 03-3962-4206
  • お問い合わせ