ホーム>TOP NEWS>イベント>小山泰明 フェザー級王座獲得祝賀会 ご報告
イベント

小山泰明 フェザー級王座獲得祝賀会 ご報告

小山泰明がJ-NETWORKフェザー級タイトルマッチの厳しい戦いを制して見事勝利し、フェザー級王者に認定されました。建武館としては2002年、全日本キックヘビー級王者となった安部康博以来、実に10年ぶり2人目の王者の誕生となりました。

そこで去る9月29日(土)、新王者となった小山泰明の悲願達成を称えるとともに今後の活躍を期待し、フェザー級王座獲得祝賀会を区内のホールにて開催いたしました。道場生や保護者を含め、内外から200名の方々にお越しいただいて、なごやかなパーティとなりました。
小山泰明 フェザー級王座獲得祝賀会 小山入場 2012.9.29.jpg
祝賀会はタイトルマッチ試合の放映から始まり、小山が颯爽と入場して幕が開きました。 館長挨拶のあと、6月に発足した後援会の村田会長よりご挨拶をいただき、板橋区長坂本たけし様からの祝電披露、板橋選出の衆議院議員・下村博文様よりのご祝辞に続き、建武館ゆかりの区議会議員・橋本祐幸様の乾杯のご発声で宴が始まりました。
小山泰明 フェザー級王座獲得祝賀会 小山クイズ 2012.9.29.jpg
宴の途中では、小山についてのエピソードを3択で答える「小山クイズ」を道場生である本橋のユーモラスで軽妙な司会で盛り上がりました。そのあとはタイトルマッチまでの道のりをダイジェストで収めたDVDを放映。迫力あるKOシーンではどよめきが起こりました。
小山泰明 フェザー級王座獲得祝賀会 安部康博祝辞 2012.9.29.jpg
終盤には道場生を代表してK-1戦士でありチャンピオン第1号という立場から安部康博より一言、小山へお祝いと激励の言葉が述べられ、その言葉を受けつつ小山からの謝辞がありました。その後、花束を持った女性…ではなく島野の命令で女装した若手のホープ・川手が花束を持って乱入!お色気たっぷりで花束を贈呈。やる時は徹底してやる川手は大した奴です。小山はお返しにローキックを川手に一発プレゼントしました!
会もいよいよ佳境に入り、中締めとして小松弘明相談役が三本締めを行い、祝賀会は閉幕しました。多くの皆様にご参加いただき、盛況な会となりました。皆さんありがとうございました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kenbukan.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1045

コメントする

loading...