ホーム>空手のこころ>『人生に勝てる人材育成』52
空手のこころ

『人生に勝てる人材育成』52

2011-01-18

人の上に立つ人とは。
懐が深く、誰よりも思いやりがあり、確固たる信念を持って
茨の道だろうが突き進む人。

そういう人は、いつも朗らかで機嫌がよく、魅力的です。
人から慕われ、「この人と一緒にやりたい」と思われます。

会社を経営している社長さんにとっては、
こういう人材を採用したいはずです。

世の中には、上には媚を売り、
下を足蹴にする人間などがうようよいますから。

組手で強い心を作り、言葉がけや掃除などを通して
人の上に立つ人の心を作ります。

人生に勝てる人材=社会の求める人材を道場で育て、
世の中を良くしていくのが理想ですね。

建武館 篠田剛

前のページ 次のページ

※『空手のこころ』は2010年9月~2012年9月にマイベストプロ東京で公開した『館長コラム』を転載したものですので、掲載している記述は執筆時点のものであり現況とは異なることもあります。

loading...