ホーム>TOP NEWS>2017年3月

2017年3月

3.26 小山泰明 現役引退慰労会が盛大に行われました

3月26日(日)午後6時30分より、板橋区立文化会館におきましてプロキック選手として8年間現役を駆け抜けてきた小山泰明の引退慰労会が盛大に行われました。
当日は、小山から指導を受けた年少空手の子ども達やその保護者をはじめ、後援会の皆さん、小山の試合に駆けつけてくれる方々など180名が出席してくださいました。
 
3.26 小山泰明 現役引退慰労会 会場 板橋区立文化会館 大会議室 日本空手道建武館 篠田剛

開会

慰労会は司会を務める道場生の渡辺小龍さんによる軽妙洒脱なトークで、終始楽しく和やかな雰囲気で進みました。
 
 
3.26 小山泰明 現役引退慰労会 開会 板橋区立文化会館 大会議室 日本空手道建武館 篠田剛
 

館長挨拶・レプリカ贈呈

まずは篠田館長の挨拶に引き続き、チャンピオンベルトレプリカの贈呈が行われました。チャンピオンベルトは持ち回りなのでチャンピオンを返上した時点で本人の手元にはありません。
そこで、これまでの慰労と、二冠を達成した功績を称えて、後援会、重田保夫さん、本澤光行さんよりレプリカを作っていただき、慰労会の記念として贈呈することになりました。
 
3.26 小山泰明 現役引退慰労会 レプリカ贈呈 板橋区立文化会館 大会議室 日本空手道建武館 篠田剛
 

乾杯の発声

続いて、福島支部を立ち上げた功労者であり、また、自身も新空手で数々の功績をあげました安部光剛さんの乾杯の発声があり、宴が始まりました。
 
3.26 小山泰明 現役引退慰労会 乾杯 板橋区立文化会館 大会議室 日本空手道建武館 篠田剛
 

HIDEさん紹介映像

しばらくすると、会場前方にあるスクリーンに、小山が試合で入場する時に流す曲目を紹介するVTRが放映されました。その曲とは、日本を代表する情熱のパンクロックグループSOBUTが歌う「united & true」です。学生キック時代からずっと変わらずに使っていました。
 

 

花束贈呈

紹介VTRが終わると、そのボーカリストご本人であるHIDEさんがステージに登壇されました。HIDEさんはお忙しい中を小山の祝福に駆けつてくださっていたのでした。HIDEさんは花束贈呈とともに、小山へ熱いメッセージを語ってくれました。
 
 
3.26 小山泰明 現役引退慰労会 花束贈呈 板橋区立文化会館 大会議室 日本空手道建武館 篠田剛
 
 
 
花束贈呈が終わると、HIDEさんから小山へ「united & true」を生歌でプレゼントするというサプライズがありました。小山も出席者もサプライズに感激。ステージを囲んでその熱唱に聴き入ったり、写真撮影したりと大盛り上がりとなりました。HIDEさん、ありがとうございました。
 

祝電披露

しばらく祝宴が続いたあと、頂いた祝電をご披露いたしました。元文部科学大臣で衆議院議員の下村博文様、板橋区長の坂本健様、板橋区議会議員の橋本祐幸様、板橋区保護観察協会長の田中晃三様、株式会社廣済堂相談役の雨宮勝夫様、株式会社リブラン取締役会長の鈴木靜雄様、J-NETWORKスーパーフェザー級王者の鷲尾亮次様。皆さん、ありがとうございました。
 

引退セレモニー10カウント映像

祝電披露に引き続き、小山の引退セレモニーの映像を放映しました。昨年、現役引退を発表した引退セレモニーが、去る2月12日(日)、ディファ有明にて行われました。当日駆けつけることができなかった方もいらっしゃったので、この会場で改めてその模様をお送りすることにしました。
 

 

謝辞

そして、J-NETWORKのフェザー級チャンピオン、ビッグバンのスーパーフェザー級チャンピオンといたしまして建武館を盛り上げ、そして、子ども達の良き指導者として支えてくれた小山泰明が、その万感の思いを込めて皆様に謝辞を述べさせていただきました。
 

3.26 小山泰明 現役引退慰労会 謝辞 板橋区立文化会館 大会議室 日本空手道建武館 篠田剛
 

閉会の挨拶・三本締め

宴の締めくくりとして、新空手をはじめトーワ杯、K-1に出場し数々の功績を残し、建武館で初めて全日本キックヘビー級チャンピオンとなった建武館中野支部、安部康博支部長の閉会の挨拶、三本締めで慰労会は盛況のうちに終了致しました。
 

3.26 小山泰明 現役引退慰労会 閉会 板橋区立文化会館 大会議室 日本空手道建武館 篠田剛小山泰明現役引退慰労会実行委員会
島野智広、河島由征、川手裕貴、春日佑介、本橋佑太、本間海、篠田大生、杉山太陽、菅原美優

3人の王者が誕生!! 第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」

3人の王者が誕生!! 第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」 日本空手道建武館 篠田剛

K-3 GRANDPRIX女子部 王者 菅原美優  K-3 GRANDPRIX軽量級 王者 篠田大生
K-4 GRANDPRIX小学6年生部重量級 王者 高関一輝


3月20日(月・祝)、東京武道館大武道場で第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」が行われ、建武館から予選を勝ち上がった12人の選手が出場、熱戦の末、K-3では篠田大生と菅原美優が、K-4では高関一輝が勝利を収め、それぞれ王者となりました。

また、篠田はK-3MVP(後援:小池百合子東京都知事)、高関は敢闘賞もそれぞれ受賞しました。菅原は昨年も王者となっており、これで2連覇を達成したことになります。

 

プレゼンター寺戸伸近選手、那須川天心選手よりチャンピオンベルトを贈呈 日本空手道建武館 篠田剛プレゼンター寺戸伸近選手、那須川天心選手よりチャンピオンベルトを贈呈 日本空手道建武館 篠田剛

プレゼンター寺戸伸近選手、那須川天心選手よりチャンピオンベルトを贈呈 日本空手道建武館 篠田剛

3人はプレゼンター寺戸伸近選手、那須川天心選手よりチャンピオンベルトを贈呈されました。

 

優勝
篠田大生、菅原美優、高関一輝

準優勝
戸田龍之介、櫻井優樹

第3位
篠田一心、小林歩夢

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」 日本空手道建武館 篠田剛全日本新空手道選手権大会(グランプリ)に建武館から予選を勝ち上がった12名の選手が出場します。
ご来場頂き、選手達に熱い応援を頂きますようお願い致します。

 
日時 平成29年3月20日(月・祝) 11時30分開会式

場所 東京武道館 第一武道場 足立区綾瀬3−20−1
一般観覧者は入場の際、2,000円(パンフレット代1,000円込)の利用料を徴収いたします。

 

出場選手

第28回新空手グランプリ決勝トーナメント出場者 篠田大生 日本空手道建武館K-3グランプリ軽量級

小学生からの悲願を成就させろ!
スピードスター

篠田大生

 

 

第28回新空手グランプリ決勝トーナメント出場者 菅原美優 日本空手道建武館K-3グランプリ女子軽量級

選手団の紅一点!エレガントな勝利をお見せします
ツヨカワ女子高生

菅原美優

 

 

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」 高関一輝 日本空手道建武館 篠田剛K-4グランプリ小学6年生部重量級

2015年の王者
少年部のリーダー 王座を奪還せよ!

高関一輝

 

 

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」野地晴斗 日本空手道建武館 篠田剛K-4グランプリ小学6年生部重量級

K-4トーナメント3度の優勝
覚醒した優しき実力者

野地晴斗

 

 

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」小宮山 潤 日本空手道建武館 篠田剛

K-4グランプリ小学6年生部重量級

パワーがついて
最後のK-4で実力発揮!

小宮山 潤

 

 

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」小原大暁 日本空手道建武館 篠田剛

K-4グランプリ小学6年生部軽量級

昨年12月に黒帯取得
今、一番乗っている男が王座を狙う

小原大暁

 

 

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」篠田一心 日本空手道建武館 篠田剛

K-4グランプリ小学6年生部軽量級

優勝回数は最多 2014年の王者
K-4最後のグランプリは譲れない!

篠田一心

 

 

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」戸田龍之介 日本空手道建武館 篠田剛

K-4グランプリ小学5年生部重量級

昨年から新空手に参戦 出場した試合は全て優勝
ミスターパーフェクト

戸田龍之介

 

 

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」小林歩夢 日本空手道建武館 篠田剛

K-4グランプリ小学4年生部

最強のレフティー
技に気迫を込めて王座を狙え

小林歩夢

 

 

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」櫻井優樹 日本空手道建武館 篠田剛

K-4グランプリ小学4年生部

デビュー戦はグランプリ予選
グランプリの申し子が王座を狙う

櫻井優樹

 

 

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」中島悠希 日本空手道建武館 篠田剛

K-4グランプリ小学3年生部

未来のエースは覚醒するか?
変幻自在のマジカルスター

中島悠希

 

 

第28回全日本新空手道選手権大会 「K-2 GRAND PRIX 2017」山田新大 日本空手道建武館 篠田剛

K-4グランプリ小学1年生部

只今、最速で進化中
最年少優勝を目指せ!

山田新大

loading...