ホーム>TOP NEWS>お知らせ>志村小で建武館空手 習いませんか?!
お知らせ

志村小で建武館空手 習いませんか?!


板橋区立志村小学校 体育館で空手をしよう! 日本空手道建武館 篠田剛

建武館空手を
志村小学校体育館で習いませんか?!


志村地区や三田線沿線に住む小・中学生の皆さん
お気軽にご参加ください!

 

募集要項

対象 小・中学生
場所 板橋区立志村小学校体育館(都営三田線志村三丁目下車徒歩5分)
練習日 毎週水曜日 午後6時~7時
月会費 3,300円 ※初期費用あります

 

入会時に必要なもの

月会費・初期費用・印鑑・顔写真(縦4cn・横3cm)
※初期費用の内訳:入会金5,000円、空手衣9,000円、グローブ4,000円、レッグプロテクター2,500円、ファールカップ1,500円(男子のみ)

 

練習日について

学校施設を使用する登録団体の使用日調整を図る会議体(学校施設開放会議)が偶数月第1火曜日に開かれ、そこで正式に練習日が決定します。

 

講師

日本空手道建武館5段、日本空手道研修会8段、公益財団法人全日本空手道連盟上級指導員
建武館 館長 篠田 剛

7歳から始める。昭和55年、金城裕に師事し日本空手道研修会に入る。平成元年に宗家を継承、平成3年に会長を兼任。平成14年に会長・宗家を辞任、篠田勇気男に師事し日本空手道建武館副館長となる。平成21年、館長を務め、現在に至る。板橋区立板橋第一小学校第23代PTA会長も務めた。

 

技術体系は直接打撃

建武館の技術体系は、直接打撃をする空手とキックボクシングが中心です。その痛みに打ち勝つよう一生懸命稽古していく中で、ガマンする気持ちを強い心で作っていこうとしています。

 

実社会で活躍する若者に

建武館は、スローガン “今、必要なのは弱者へのやさしさ、損をしても正しいことをする正義感” を掲げ、「空手」を通じて実社会で活躍する若者を育てています。

 

ケンカの道具

空手は突いたり蹴ったりするものです。よく報道で“殴る蹴るの暴行を加える”ということばが使われるくらい、突く・蹴るというのは、ややもすればケンカの道具に使われてしまいます。そんなあぶない道具をなぜ子供たちに教えるのでしょうか。

 

ガマンを経験し正義のために

それは殴られる経験から学ぶものが多いからです。空手の稽古ではもちろん殴る経験もしますが殴られる経験もいっぱいします。それを通してガマンや他人の痛みがわかってくるのです。道場は人を強くさせます。ところが強いだけでは蛮勇といって誇れません。だから強さを勇気に変えさせます。そして勇気を用いるのは正義のためだと教えこみます。

 

一度、体験してみませんか?!

子ども達が対象ですので、楽しさを第一に指導しています。ただいま区立志村小学校の体育館をお借りして建武館空手を指導していますので、一度、体験してみませんか?!

 

ご入会・お問い合わせ・体験予約はWEBまたはお電話で

ご入会、お問い合わせまたは体験予約はホームページのお問い合わせフォームかお電話でお申込みください。WEBの場合はお問い合わせ内容に「志村小学校」と入力してください。
お問い合わせフォーム

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kenbukan.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2044

loading...