ホーム>TOP NEWS>スタッフの日記>よその子も褒めて叱って 読売新聞 投書
スタッフの日記

よその子も褒めて叱って 読売新聞 投書

よその子も褒めて叱って 読売新聞 投稿 気流 空手道場館長 篠田剛

「他人の子叱る大切さ」の投書(4月21日掲載)を読み、
私の空手の師も生前、
同じようなことを言っていたのを思い出しました。

3階の道場で子どもが稽古後、
窓から身を乗り出してふざけていたのを見た先生が、
きつく叱ったそうです。
命に関わることは叱るという教えのようでした。

よその子でも良いことをすれば褒め、
間違ったことは真剣に叱ってあげたいものです。

周囲の大人からそうした目を向けてもらうことで、
子どもたちは心が豊かに育つのだと思います。
 

他人の子 叱る大切さ 読売新聞

4月21日に掲載された記事
「他人の子 叱る大切さ」

元幼稚園職員の小森ちあきさん(大阪府八尾市)の投書
この投書を読んで共感を覚えて投稿したのでした。

loading...