ホーム>TOP NEWS>2015年5月

2015年5月

チャンピオンベルトを懸けて 川手裕貴が挑む J-NETWORKのアマチュア大会 『第4回アマチュアチャンピオンシップトーナメント』

J-NETWORKのアマチュア大会
『第4回アマチュアチャンピオンシップトーナメント』

チャンピオンベルトを懸けて
川手裕貴が挑む!

日時:2015年5月24日(日)11:00試合開始
大会会場:新宿FACE
入場料:一般入場1,000円
※パンフレット付/全席自由
※会場規定により別途ドリンク代500円が必要
※未就学児は無料

アマチュアチャンピオンシップトーナメント
3分1Rフェザー級(-58㎏)

第16試合
川手裕貴[建武館]  VS  三上聖也[モンスタージム]  

第49試合
熊谷拓巳[ブレイブ大門]  VS  第16試合勝者 

第50試合
横山朋哉[リーブルロア]  VS  中田 祐司[STRUGGLE]  

第49・50試合勝者は2015年9月6日(日)J-FIGHT・大森ゴールドジムタイトルマッチに進む

鍵山秀三郎先生 講演会 2015.5.23

知人の中村崇さんが主催する講演会をご紹介します。

Yellow Hat鍵山秀三郎先生

たった1代で、売上1,200億円を超える東証1部上場企業イエローハットを育て上げた 鍵山秀三郎先生(株式会社イエローハット相談役・日本を美しくする会相談役)のお話を伺います!
めったにない機会です。皆さまご一緒に、是非!!

http://ameblo.jp/taka2010nippon/entry-12016614936.html
https://www.facebook.com/events/358478817681028/
 

■テーマ : 凡事徹底~ 「平凡なことを非凡に努める」
■日   時 : 2015年5月23日12:30 - 14:30
■会   場 : 學士會館(学士会館)
                 〒101-8459 東京都 千代田区神田錦町3-28
■会   費 : ¥4,000(美味しいデザートとコーヒーか紅茶付き)
■主催:中村 崇(たかし)(平成立志社 代表/志信会東京 広報担当)
■連絡先 takashi55nakamura@gmail.com    FAX03-3485-1270

http://www.kenbukan.net/contents/essay/207.php
http://www.kenbukan.net/contents/essay/230.php
http://www.kenbukan.net/contents/essay/275.php

村田友治 高橋吾朗 ナイスミドルに出場! 2015.5.17

建武館より、村田友治さん、高橋吾朗さんが出場します!!
皆さん応援宜しくお願いします!

NiceMiddle26
2015年5月17日(日)
新宿FACE:新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン7F
11:15 会場 11:30 開始
チケット料金:特別リングサイド6,000円 先着自由席(4列目以降)4,500円
※当日券販売:11:15より会場にて

▼第15試合  フェザー級
“いつもいま”
ナックモエ・ヨシ(64才/ウィラサクレック天王台/自営業)
“戦いが好きな、そば職人”
YUJI(60才/建武館/そば店主)

▼第18試合  NICE MIDDLE ウエルター級タイトルマッチ ~2分3R~
“社長の命を守る黒塗り運転手”
王 者・T-MAX☆310(45才/シーザージム新小岩/運転手)
“一発を狙う不動産屋”
挑戦者・高橋ゴロー(41才/建武館/不動産業)

エンジン ~渡辺こたつ主宰の劇団 旗揚げ公演~ 2015.5.22より

dandanbakudanda渡辺こたつは2001年5月、6歳の時に入会。
つらい稽古を楽しそうにやって、
同年代の照井拳矢、滝村和也としのぎを削り、
川手裕貴、本橋佑太とともに、
新生建武館を大いに盛り上げてくれた。

こたつは空手の傍ら、
演劇の才能を伸ばしていた。

そんなこたつが劇団「段々爆弾団」なるものを主宰し、
いよいよ5月22日(金)に旗揚げ公演にこぎつけた。

段々爆弾団
何だかわからない名前だけど、
なんだか芝居はおもしろそうだな

ひまな人は、
行ってみてください。

2015年5月
22日(金)19:00~
23日(土)14:00~、19:00~
24日(日)14:00~
小劇場 シアター・バビロンの流れのほとりにて
北区豊島7-26-19
東京メトロ南北線「王子神谷町駅」3番出口より徒歩12分
都営バス「豊島7丁目駅」より徒歩3分(JR王子駅1番乗り場より全便)
チケット:当日券・前売り券ともに1,000円

dandanbakudanda kenbukan

地域のおせっかいが大切だ

地域のおせっかいが大切だ
5月5日こどもの日
新聞の社説「地域のおせっかいが大切だ」

近所の人が子供たちを褒めたり叱ったりしなくなった―。
そんな風潮にくぎを刺して一言、「子育ては公共事業」…
子供に善悪の判断や社会のルールを身につけさせる責任は、
地域の大人全体にある。そんなメッセージが伝わってくる…



公共事業…!
なんともわかり易い言葉でしょう!
まさにその通りです。

わたくし事ですが、
4月より母校である地元小学校PTA会長を拝命しました。

その入学式の挨拶で保護者の皆さんに一つだけお伝えした言葉があります。
それは「よその子もうちの子」でした。
これは、自分の子だけに目がいってしまわぬよう、戒めることばです。

友達といさかいがあった時は、
往々にして自分の子だけを正当化してしまいます。

そんな時こそ、わが子もよその子も同じ目で見る。
そして悪い子を叱る。それがたとえ自分の子だろうと、よその子だろうと。

他人の親がわが子を叱る姿をみて「有り難い」と思える親になる。
いいことですよね。

私の愚息も悪いことしたらどんどん叱ってください。
世のお父さん、お母さんもそんな感じになれば地域ぐるみで子育てできて、
きっといい子が育つと思います。

また、子供の学習支援についてもしっかり考えなくてはなりません。
補習などを高校生や大学生に任せれば、教える側にとっても有意義でしょう。
篤志ある地域の方や企業を巻き込んで、ともに支援を考えるべきでしょう。

学習だけでなく、逞しく生きる力も支援したいですね。
夏の暑い日、冬の寒い日に、自給自足のテントで一日を過ごす、とか。
何でそんなことやらなければいけないの?と思うかもしれませんね。

ネパールでは大地震が起こりました。
最近では箱根山で蒸気が噴出して大涌谷の遊歩道が閉鎖されました。
熱しやすく冷めやすい人は東日本の時の緊迫感が薄れ始めています。
いつ起きるかわからないからこそ、備えが大切なんだと思います。
屠龍技

よその子も褒めて叱って 読売新聞 投書

よその子も褒めて叱って 読売新聞 投稿 気流 空手道場館長 篠田剛

「他人の子叱る大切さ」の投書(4月21日掲載)を読み、
私の空手の師も生前、
同じようなことを言っていたのを思い出しました。

3階の道場で子どもが稽古後、
窓から身を乗り出してふざけていたのを見た先生が、
きつく叱ったそうです。
命に関わることは叱るという教えのようでした。

よその子でも良いことをすれば褒め、
間違ったことは真剣に叱ってあげたいものです。

周囲の大人からそうした目を向けてもらうことで、
子どもたちは心が豊かに育つのだと思います。
 

他人の子 叱る大切さ 読売新聞

4月21日に掲載された記事
「他人の子 叱る大切さ」

元幼稚園職員の小森ちあきさん(大阪府八尾市)の投書
この投書を読んで共感を覚えて投稿したのでした。

チーム小山 始動。

J-KICK2015 Koyama Yasuaki Kenbukan 5.6

ここのところ毎週土曜日は安部率いるチーム小山が集まり特訓しています。
小山の勝利を願う仲間が入れ替わり立ち替わり小山の相手をしているのです。

小山のスタミナは尋常でなく、チーム総がかりで相手をしても、
息が切れることはありません。

最終日の4月25日、小山の殺気はピークに達し、道場では
張り詰めた空気が漂い、息苦しいほどの緊迫感が感じられました。

ところで空手道場である建武館にはリングなどありません。
さらに全面カガミ張りのためロープに追い込む想定の練習ができません。

そこで、仲間たちが人垣となり、思う存分に追い込ませてくれています。
これなんですね。

うちの道場はリングどころか専属のコーチもいません。
キックの選手としてみれば恵まれた環境ではないでしょう。

しかし仲間がそれを補ってくれています。
勝負の世界でものを言うのは自分、そしてそれを助ける仲間の存在です。

建武館にはそれがあります。それが誇りです。
その証として5月6日の試合当日、140名を超える仲間が応援に駆けつけます。

 

『J-KICK 2015~Return of the warriors~2nd』
2015年5月6日(水・祝)後楽園ホール
開場:17:00 試合開始:17:30

■第9試合ダブルセミファイナル 58.5kg契約  3分3R ※肘有り

アトム山田/INNOVATION・武勇会
元WMAF世界スーパーフェザー級王者、
元MA日本バンタム&スーパーフェザー級王者
VS
小山泰明/建武館
Bigbangスーパーフェザー級王者、
J-NETWORKフェザー級1位、
元J-NETWORK同級王者

J-KICK2015 RETURN OF THE WARRIORS 2ND Koyama Yasuaki Kenbukan 5.6
 

アンチエイジングトレーニング ジモトピ板橋(J:COM)で5/10まで放送


4月8日に文化会館で催した公開トレーニングの模様がJ:COMチャンネル東京・地デジ11chで放送されます!

ジモトピ板橋
5月4日(月)~10日(日)
毎日18:00~ほか
1日3回放送(24分番組)

 

ロコモ予防 アンチエイジングトレーニング

開会

ストレッチミットでパンチ!

2015年4月8日(水)板橋区立文化会館におきまして建武館アンチエイジング公開トレーニングを行いました。季節外れのあられが降るあいにくの天気でしたが会場はお元気なみなさんのおかげでまったく肌寒さを忘れるほど明るくほがらかな雰囲気に包まれました。

後援会会長村田昭浩様

後援会長 村田昭浩様

午前10時より、主催者を代表しまして今回の講習会を後援した建武館後援会会長の村田昭浩様(㈱アーバン・ハンズ社長、保護司、民生委員)よりご挨拶がありました。

堀江啓介様

堀江啓介様

続いて来賓よりお祝いのことばを頂きました。
はじめに、板橋区健康生きがい部 介護保険課 介護予防係、堀江啓介様よりおことばを頂きました。館長は平成16年に板橋区が主催する介護予防サポーター養成講座の第1期生となり、様々な知識を得ることができました。堀江様はその管轄部署にいらっしゃいます。

坂本寛様

坂本 寛様

次に、社会福祉法人みその福祉会理事長、坂本寛様よりおことばをいただきました。みその福祉園は、高齢者に関わる相談業務や長期入所施設など総合的な高齢者福祉サービスを提供していまして、以前館長が提案した、“サービス付き”高齢者住宅でなく、元気なお年寄りが住まう“元気付き”シニアシェアハウスのお話しに意気投合されたことがきっかけで今回いらしていただきました。

続きましては大変恐縮ですがお名前のご紹介とさせて頂きました。
ムラカミデザイン代表で、いたばしカルタを作られた村上奉文様。建武館の地元、氷川町会会長・突川敏雄様。同じく氷川町の氷川クラブ会長・山本節子様です。

来賓のご紹介のあと、館長よりご挨拶とアンチエイジングについてのお話しがあり(館長)、そしてアンチエイジングトレーニングに移りました。

トレーニングはストレッチからはじまり、関節可動域、バランス、軽い筋トレと続き、そしてパンチ&キックで爽快な気分となりました。どれも日頃やっているものばかりですが、本部と成増のみなさんが初顔合わせということもあり、また会場も異なるため新鮮な気持ちで行うことができました。

休憩をはさんで創設時のメンバーをご紹介しました。
アンチエイジングトレーニングコースが誕生したのは今から4年前の平成23年10月7日で、このお二人から始まりました。伊藤会計事務所会長・伊藤公一様と、チラシのモデルでおなじみ・本村勉様です。翌24年2月、女性のコースも作ることに致しました。その第1号で、御年を聞けば誰もがたまげる、吉田富子様です。


Narimasu Dojo kenbukan

成増道場の皆さん


そして同年9月12日、成増にある田中晃三先生、智泉子会長のご自宅を使わせていただき、フラダンス成増カトレア会と板橋区更生保護女性会、合わせて10名の方々と練習ができるようになりました。

湖東善明様


湖東善明様

山田さち子様

山田さち子様

その会員の皆さんを代表して、お二方よりおことばを頂きました。
はじめにダイナシステム㈱社長・湖東善明様です。湖東様のお人柄でいつも雰囲気がなごみ、館長はとても喜んでおります。続いて㈲ジェー・アンド・エス社長・山田さち子様です。山田様は山登りを趣味に持つ、とても快活な方です。

本来ならば成増道場の代表である田中晃三先生そして智泉子ご夫妻もこの講習会を楽しみにされていましたがお身内の事情で急きょ参加できなくなりました。そこで田中先生からわざわざメッセージを頂きましたので奉読させていただきました(田中晃三先生メッセージ)。

柳家権太楼師匠

柳家権太楼師匠

さて、お待たせしました皆さん!
平成25年紫綬褒章受章、今年で芸歴45年、落語協会 真打でありながら若い女性ファンから「ゴンさま」と愛される寄席界の爆笑王、縁あって平成24年4月、建武館アンチエイジングトレーニング入会された、柳家権太楼師匠にお越しいただきました!
ほんの少しだけおことばを頂くつもりでしたが、とても楽しいお話しをいただきました。師匠、お忙しい中ありがとうございました。

菜のお弁当

感慨深いお話しあり、笑いありで、お腹の方もすいてまいりました。正午を過ぎて会食とさせていただきました。お配りした弁当は、今年1月に入会した池田さんが経営するお店「菜」で取り寄せました。愛する旦那さんが作った愛情たっぷり弁当です。

伊澤英之様

伊澤英之様

会食が済んだところで、アンチエイジングトレーニングになくてはならない方をご紹介しました。㈱イザワ社長・伊澤英之さんです。
館長がある日、道場運営について悩んで相談を持ちかけたところ、伊澤社長よりシニア世代を対象にしたコースを作ってはどうかと提案していただきました。この一声がなければこのアントレはなかったでしょう。アントレの生みの親・伊澤社長よりこのあと、ご祝辞をいただきました。

なお、さきほどのお話しは「アンチエイジングトレーニング開設物語」12ページに「背中を押されて決断したシニアクラス」と題して掲載されていますのでお読みください。

そろそろお開きの時間となりました。これをもちまして、体の丈夫な今から足腰のトレーニング やっぱり、器具や薬に頼らない体が一番!ロコモ予防! 建武館アンチエイジングトレーニングを閉会します。皆さんありがとうございました!

腕立て十回 吉田富子様

腕立て10回!吉田富子様

藤田泰義様

司会進行役を引き受けていただいた
藤田泰義様

村田友治さん登場! フジテレビ系「プラチナエイジ」5/12放送