ホーム>TOP NEWS>2014年10月

2014年10月

NICE MIDDLE 24 高橋吾朗選手が出場 2014.11.2

NICEMIDDLE 24 高橋吾朗 弘樹 きんぎょ 日本空手道建武館

日本最強の中年はナイスミドルが決める!
NICE MIDDLE 24

建武館より高橋吾朗さん(ゴロー選手)が出場します!
皆さん、応援よろしくお願いします!

2014年11月2日(日)
AM11:15開場 AM11:30試合開始
新宿FACE

第14試合 ウエルター級 元祖と本家の戦い!!
“元祖!戦う3児の父”
ゴッドファーザーTOMO(41才/FREEDOM@OZ/建設業)
 VS
“本家!戦う3児の父”
高橋ゴロー(40才/建武館/不動産業)

 

先日、拓大時代の大先輩・山口彦市さんのご縁で知り合った弘樹さんが、
なんと偶然にもゴロー選手の直前試合に出場することがわかりました!!

第13試合 ライト級
“ブレーキの壊れたバス運転手”
諸澤和人(47才/拳蹴塾/バス運転手)
 VS
“板橋から来た小さいオッサン”
弘樹(44才/チームきんぎょ/居酒屋経営)

居酒屋を経営されていてとても気さくでいい方です。
お時間があれば小さいオッサンに会いに立ち寄ってください!!

居酒屋きんぎょ
板橋区本町35-11-1F
電話03-6915-5739
都営三田線板橋本町駅すぐ

読売新聞にナイスミドルが!!

木村澄湖さん 草月いけばな展 2014年10月29日~11月3日

SOGETSU IKEBANA 2014.10.29 11.3.jpg

アンチエイジングトレーニング会員である木村ますみ(澄湖)さんが、
草月いけばな展に自作を出品されています。
皆さんお誘い合わせのうえ、せひお越しください。
ご来場をお待ちしております。

第96回草月いけばば展
2014年10月29日(水)~11月3日(月・祝)
※木村澄湖さんの作品は、3期30番に出品されています。
※3期:11月2日(日)~3日(月・祝)
午前10時~午後8時(3日は午後6時閉場)
日本橋高島屋 8階ホール

木村澄湖 草月会 日本橋高島屋 2014.11.3

木村澄湖 草月会 日本橋高島屋 2014.11.3
ワシントン椰子を使った木村さんの作品

第96回草月いけばな展 日本橋高島屋1階正面ホール 家元 勅使河原茜
第96回草月いけばな展 日本橋高島屋1階正面ホール 家元 勅使河原茜
 

オヤジよ打つべし 読売新聞にNICE MIDDLEが!

NICE MIDDLE YOMIURISIMBUN 2014.10.25 KENBUKAN.jpg

2014年10月25日付読売新聞にNICE MIDDLEが紹介されました。
立て…
立ち上るんだ、オヤジ~!!

民族芸能 子ども達と日本の伝統を楽しむ わかたけ第二保育園

民族歌舞団「荒馬座」による民族芸能公演会

2014年11月8日、日本の伝統を子どもたち、地域の人と共に楽しもうと、新河岸小学校体育館で公演会が開かれます。多くのご来場をお待ちしています。

日時:2014年11月8日(土)午後3時開場、3時30分開演
場所:板橋区立新河岸小学校体育館
主催:わかたけ第二保育園
演目:エイサー、花笠、南京玉簾、ぶち合わせ太鼓、荒馬踊り、虎舞など。
問合:わかたけ第二保育園☎03-3935-1354

ご注意:開演5分前には着席。カメラ・ビデオ撮影禁止。学校内は飲食・喫煙禁止。車での来校不可。
建武館新河岸道場は、わかたけ第二保育園のホールを利用して運営させていただいています。

やったね! 全中バスケで準優勝 江川航希君

江川航希君 全中バスケで準優勝 高島平新聞2014.10.15.jpg
 高島平新聞 2014年10月15日

2014年8月22日~25日、香川県高松市総合体育館で「全国中学校バスケットボール大会」が開かれました。その大会に、新河岸道場に在籍していた江川航希君(3年)が私立実践学園中学校バスケットボール部・グリフィンズ選手として出場し、準優勝に貢献しました。江川君は板橋区に拠点をおくミニバスケットボールクラブ・リトルブルズに所属しています。

江川君は新河岸小出身で、2008年にわかたけ第2保育園にある建武館・新河岸道場に入会。2010年のキッズ大会では小学5年生部第3位・敢闘賞を受賞して頭角を現しました。2011年に休会、バスケに集中して頑張り、この準優勝につながりました。江川君、おめでとう。これからも活躍を祈っています!!

今年やります! ハチャメチャ館長の道場合宿

テレビやゲーム機のない道場で子供たちが非日常を体験します

2年に一度の合宿。
去年は富士登山、そして今年は合宿の年です。

合宿といっても、どこかの山荘や民宿に行くわけではありません。
毎日通っている道場でやるのです。

そして、この合宿ではいつもやっている稽古はやりません。
では何をやるかというと…

たとえば…

★先輩と後輩がペアとなって道場のシャワーで入浴して年下の面倒をみます。
★キックミットを枕に道場で眠ります。
★翌朝は5時に起きて朝稽古ランニングにゴミ拾い。
★ご飯は質素にお粥とたくあん。お鍋についた米も一粒も残さず食べます。
★朝食後は文書の書写をして集中力をつけます。
★街頭で大きな声でチラシ配りをしてやる時はやる!の心構えを身に付けます。
 

ここがねらい!
ご飯を食べることや布団で眠るといった、当たり前なことに感謝できる子にさせます。長文を書き写したり人前で大きな声を出したりすることを、やる前から“そんなことできない”とあきらめずに、やり遂げた達成感を味わわせます


そんなハチャメチャな、道場合宿です。
まぁ、建武館ならでは、という感じですね。


2012年の合宿についてのコラム
道場合宿やりました!
その1「ねらい」
その2「何をする?」
その3「どんな食事?」

 

後援会村田会長 シンポジウムのパネリストに ダイバーシティ経営から取り組む経営改革とは

平成26年10月23日(木)午後2時、日比谷図書文化館で、ダイバーシティ(diversity、多様性)経営についてのシンポジウムに、建武館後援会会長の村田昭浩さんがパネリストとして登壇します。

ダイバーシティとは、違いを尊重し合おうという概念で、様々なバックグラウンドを持った人材の能力を活かし、共に社会を作っていこうとする考え方です。

現在、ダイバーシティについては、女性や高齢者・障がい者・外国人、あるいは、ひきこもりや更生中の若者、介護のある方、HIV等の難病患者、LGBT(性的少数者)まで、幅広く議論されています。

今回は、その中でも障害者、若者に焦点を当て、さまざまな個人的事情を抱えた人を活かす工夫を、積極的に行っている先進事例から、ダイバーシティ経営を討議します。

村田さんは、保護司として、そして協力雇用主としての立場から発言していただけるでしょう。ご興味のある方、ぜひ足を運んでみてください。
シンポジウムチラシPDF


協力雇用主について。
出所者の中には、反省のはの字もない者もいるかもしれません。ところが大半の人は反省して悔やんでいます。世の中はそういう人たちを十把一絡げにして、“犯罪者”という目で見てしまいます。そこで、更生を決意した彼らを信じて雇うのが協力雇用主です。
雇う側に理解がなければ再就職することはできません。彼らのためにも、世の中をよくするためにも、協力雇用主の存在が必要なのです。
 

s01_04.png◆村田昭浩氏(株式会社アーバン・ハンズ 代表取締役)
東京都出身。1989年、内装仕上・塗装工事などの建築関係工事を手がける株式会社アーバン・ハンズを設立。1991年頃から非行少年の雇用を始める。 2004年から保護司として、犯罪や非行に陥った人を更生する任務にも従事。2007年には、協力雇用主(少年院・刑務所を出た人の社会復帰を支援する制 度)として登録、保護観察対象の若者の雇用を積極的に進めている。

第43回 板橋区民まつり 建武館による空手演武を行います

第43回板橋区民まつり

板橋区民まつりが2014年10月18日・19日に開催されます。
建武館キッズはこの2日目の19日に登場します。

これまでは中学校体育館の中で演武を行っておりましたが、
今年はメインストリートであるグリーンホール前道路で行います。
みなさんお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。

ところで…
子ども達が演武で割る板。
今年も道場生の伊藤 敦君が提供してくれました。

市販のものだと1枚150円くらいします。
それを毎年、たくさん持って来てくれるんです。
こういう人がいるから、成り立っていることがたくさんあります。
有り難いことです。
おかげで練習のときも板を使って、本番さながらの練習ができました。

伊藤君は夫婦でオーダーメイド家具を作っています。
とてもすてきなカップルです。

そして、
区民まつりだけでなく、すべての行事で手を差しのべてくれるのが、
後援会長の村田さんです。

今回も大勢のキッズ達にお菓子やジュースをプレゼントしてくれました。
村田会長ありがとうございます!


魅力創造発信!
いたばし力No.1

第43回板橋区民まつり
とき:2014年10月19日(日)11時50分~12時10分
ところ:おまつりひろば(グリーンホール前道路)

板橋区が発行している「広報いたばし」(2014年10月11日付)
第1面に“今年のおすすめ”として紹介されました。
がんばりがいがあります!
広報いたばし 板橋区民まつり 建武館 空手演武
広報いたばし 今年のおすすめ

本来は陽気で優しい人間が、
ひとたび組手が始まると闘争心をむき出して戦い、
組手が終わるともう元の陽気で優しい人間に戻る……。

道場では、こういう光景が当たり前のように繰り広げられています。
殴る蹴ることが認められている中でいかに自分をコントロールできるか。
空手ほど人間力が試されるものはありません。

じっと堪えて我慢できる人は、心の強い人です。
心の強い人は、まわりの安易な空気や甘い誘惑に流されません。
だからこそ、空手を通じて子供達に我慢する気持ちの大切さを教えています。

そんな空手のいいところをたくさん知っていただきたいと思います。
ところが今回は演武時間が短縮されて組手を披露できなくなりました。
痛みを堪えて頑張る姿を見せられないのが残念です。

ただ、時間の制約がある中で、試し割りのクライマックスは残しました。
中学生が、キッズの行事の締めくくりとして行う、バット折りと瓦割りです。
今では建武館の風儀のようになっています。

バット折りや瓦割りのような、痛みのある試し割りは先輩が受け持ちます。
これは、痛いとか、つらいとか、人が嫌がることを、
自分から進んで行うという気持ちを身に付かせるためです。

ところで、最近の事件や事故で気になるのが、危険ドラッグ。
物に頼らない。依存しない。
法を守る云々の前に、やっちゃいけないことは、やらないという心の強さ。

日々の生活の中で、ちっちゃなガマンを経験させる。
人が見ていようが、見ていまいが、悪いことはやらない。
そんな人間に、させたいですね。

今、必要なのは、弱者へのやさしさ、損をしても正しいことをする正義感!
がまんする気持ちを強い心で作っていく道場、それが建武館です!!



御礼
このたびの演武では、下記の皆様のご協賛をいただきました。
改めて御礼申し上げます。

株式会社アーバン・ハンズ
AS.CRAFT
田中晃三様
西田三男様
株式会社森田総商

ブリッジパーティー 都立赤塚公園 10/12


建武館の道場生、山口さんのお知り合いがまた粋なことします。
2014年10月12日(日)都立赤塚公園で行う『ブリッジパーティー』です。

BridgePartyは、板橋に縁のある人達が音楽と食とイベントを通じ縁を深め、
板橋から生まれる芸術・文化『板橋流』を世界に発信するイベントです。

メインステージで行われるDJパフォーマンスでは、
昔懐かしい名曲によって、
来場される皆さんの青春時代の記憶を呼び起こします。

山口さんのお知り合いがこのDJです。
サザンオールスターズ・チャコの海岸物語
石川ひとみ・まちぶせ
earth wind  & fire ・ fantasy
stevie wonder ・ superstition…

懐かしの青春ソングを流します。
北島三郎・まつり もガツン!と流します!
お楽しみに!!

模擬店もあります。
ホットドッグ
ドリンク各種

宮城県女川町産さんま炭火焼
600匹を先着順で無料試食会もあります!!

風評被害に悩まされる被災地と板橋をBridgePartyの架け橋で繋ぎ、
BridgePartyを通じて板橋の魅力を世界に発信したい!
という思いが込められているそうです。
素晴らしいですよね。

板橋には数多くのミュージシャンが住み、活動しているそうです。
街には生の演奏を聞きながら食事が出来るレストランやBARがあり、
そして音楽家が住むために設計されたマンション「ミュージション」が…。

実は…

このマンション「ミュージション」を建てた株式会社リブラン。
鈴木会長は建武館で大変お世話になっている方です。

そして、ブリッジパーティ実行委員会、代表の内田憲一郎さん。
この方のお父様、内田等さんもまた、私のお知り合いでした。

内田さんは板橋区保護司会の会長で、
板橋区更生保護協力雇用主会ではいつもご一緒になる方です。

人のつながりって、とても不思議です。
こんな素晴らしい人たちが企画する『ブリッジパーティー』。
きっと、大成功するでしょう!!


『だれでも。参加できる。地域のお祭り。』
ブリッジパーティー
2014年10月12日(日) 12時〜17時
都立赤塚公園・噴水広場付近

当日のスケジュール
12:00
BridgeParty START!!
DJ START!!

13:00
第1回さんま試食会START!! (300匹)

15:00
第2回さんま試食会START!! (300匹)

17:00
イベント終了

 

 

板橋区「社会福祉チャリティーコンサート」 東京板橋西ライオンズクラブ50周年記念事業

板橋区*社会福祉チャリティーコンサート 東京板橋西ライオンズクラブ 日本空手道建武館
板橋区*社会福祉チャリティーコンサート.pdf


この度、東京板橋西ライオンズクラブが、震災復興支援事業としてチャリティーコンサートを企画しました。一人でも多くの方にお越しいただきたいと、建武館後援会村田会長が所属する東京板橋ライオンズクラブに協力要請があったそうですので、日頃お世話になっていることもありご案内のお手伝いをすることにしました。

コンサートの出演者は先の東日本大震災の被災地の方々であり、内容は震災の体験談や視覚障害者の方の演奏・童謡の歌唱等で、震災の悲劇を風化させぬよう、また被災地の復興の一助となるようにとの趣旨だそうです。

鑑賞をご希望の方は下記のFAX送信状にご記入のうえお送りください。メールでも受け付けております(info@kenbukan.net)。また、お知り合いにご興味のある方がいらっしゃいましたらご案内いただければ幸いです。

 

日 時 平成26年10月14日(火)

会 場 板橋区立文化会館 大ホール

開 場 16:30

開 演 17:30

入場料 2,000円

loading...