ホーム>TOP NEWS>試合結果報告>タイトルマッチで小山が新王者に
試合結果報告

タイトルマッチで小山が新王者に

2012年8月26日、キックボクシングJ-NETWORKフェザー級において小山泰明がタイトルに挑戦し、3-0の判定で下して王座奪取に成功、新チャンピオンになりました。

建武館としては2002年、全日本キックヘビー級王者となった安部康博以来、実に10年ぶり2人目の王者の誕生となりました。

小山がチャンピオンになれたのは皆さんの応援があったからこそ。ご支援ほんとうにありがとうございました。

 

 

○小山泰明(建武館/J-NETWORKフェザー級1位/挑戦者)
判定3-0 ※49-48、50-46、50-46
●佐藤政人(フォルティス渋谷/J-NETWORKフェザー級王者)

キックボクシングJ-NETWORKフェザー級 小山チャンピオンポスター

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kenbukan.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1025

コメントする

loading...