ホーム>TOP NEWS>2012年7月

2012年7月

第217回 新空手道東京大会

開催日:2012年7月29日(日) 於:荒川総合スポーツセンター

第217回新空手道東京大会 G-4入賞者.JPG
G-4入賞者集合写真
第217回新空手道東京大会G-2入賞者.JPG
G-2入賞者集合写真


【G-4ルーキートーナメント】
●小学2年生部 準優勝 小原 大暁    

【G-4トーナメント】
●小学1・2年生部 優 勝 篠田 一心    
●小学3・4年生部 準優勝 浅見 虎大    
●小学5・6年生部 優 勝 浅見 竜空    

【G-2トーナメント】
●軽中量級 優勝 河島 由征

第217回 新空手道東京大会のご報告

2012年7月29日(日)
荒川総合スポーツセンター

この日の東京は気温30度を超える真夏日となり、会場の体育館柔道場はうだるような暑さでした。この大会に建武館より一般2名、年少9名が出場しましたが、出場選手はみんな暑さをものともせず張り切って試合に臨んで熱戦を繰り広げていました。

■G-4ルーキートーナメント
小学1年生部に出場した鹿住祐世はこれが初出場かと思うほどいい戦いをしていました。しかし一瞬のスキを狙われて上段蹴りが入って判定負け。いつものアグレッシブな動きができれば次は勝利をつかめるでしょう。小学2年生部に出場した小原大暁は上段蹴りの併せ一本で勝ち進み準決勝も技ありで決勝進出するも決勝で敗退し惜しくも準優勝。前に出ろ、の言葉で勇気をもらってファイト漲る戦いができたことは必ず次につながると思います。小学3年生部に出場した池田礼は突きと蹴りをうまく使い落ち着いた試合運びで勝ち進みましたが2回戦では相手の動きを捉えることができず敗退。動く相手を追い込む足捌きや技を繰り出すスピードを養うといいですね。
■G-4トーナメント
小学1・2年生部に出場した篠田一心は延長戦に勝って決勝へと進み、接戦の末相手の減点も幸いして優勝しました。さばきを最小限にしつつ即反撃するスピードを身に付けるといいでしょう。小学3・4年生部に出場した浅見虎大は理想的な技の組み立てで決勝まで勝ち進みましたが惜しくも敗れて準優勝。技とスピードを下げずに力を加えられたら鬼に金棒です。遠山莉生は攻め続けましたが減点注意がひびいて第1戦で敗退。突き技を身に付けて武器にすると莉生の良さが出ると思います。小学5・6年生部に出場した浅見竜空は嬉しい初優勝。試合では相手にプレッシャーをかけて優位な試合運びを展開。決勝でも上段蹴りを決めました。小林穂夏は力強い突きを武器に突きからの蹴りが決まり1回戦を突破。しかし2回戦は同門対決で浅見と当たり敗退。クレバーな試合展開ができるので、捨身で勝負する気持ちを持てば強くなります。藤村謙太郎は地力と技のうまさは抜群ですがこれまで勝ち星に恵まれませんでした。しかし今回は突きとローが冴えて嬉しい初白星。挫けず頑張り通した甲斐がありました。
■G-3トーナメント
軽量級に出場した相原雅仁は1回戦は延長戦までもつれる接戦でしたが終盤スタミナが切れたのが印象を悪くして0-1で引き分けで、体重判定で辛くも準決勝進出。準決勝の相手は今回優勝した強敵。しかし蹴られても突き返し一歩も譲らず白熱した試合でした。ラスト10秒でバテなかったら?タラレバを言ってもしかたありませんがとても惜しい。実際に決勝戦よりもいい試合内容でした。
■G-2トーナメント
軽中量級に河島由征が出場しました。初戦は緊張でガチガチになりながらどうにか勝利。準決勝では力みもとれて突きの技ありで決勝進出。決勝本戦では勝負がつかず延長戦。それでも決着がつかず再延長。しかし河島は最後まで死力を尽くして戦い抜き、念願の初優勝をもぎ取りました。力も出し尽くしたあとの延長戦は苦しいものです。ましてやうだる暑さの中なので一層大変です。もしかしたら再延長では意識は朦朧としていた中で気持ちだけで動いていたのかもしれません。とにかく頑張りました。

出場選手はみな頑張りました。大事なことは今回の試合を自分なりに振り返ってみることです。そして島野、白濱、小山のアドバイスをしっかり聞いて修正していこう。

応援に駆け付けてくれた小山、育美、しおり、菅原一家、西川母子、みなさん有難うございました。

この大会はGAORA「格闘KING」で放送されます。初回8月13日(月) 24:00 ~ 26:00、以降再放送は8月15日(水) 13:00 ~ 15:00、8月16日(木) 6:00 ~ 8:00、9月6日(木) 9:00 ~ 11:00。次回大会は9月16日(日)です。

タイトルマッチ初挑戦 フェザー級小山泰明選手

小山泰明 J-NETフェザー級タイトルマッチ 建武館.jpg
J-NETWORKフェザー級1位のプロキックボクサー、 小山泰明選手 (26) が8月26日、 後楽園ホール(文京区) で同級王者とのタイトルマッチに臨むことが決定しました。
対戦相手は佐藤政人選手(フォルティス渋谷所属)。2009年7月にJ-NETWORKフェザー級王座を獲得、その後WBCムエタイ王者に判定勝利するなど活躍し、王座を守り続けている強敵です。
小山は2007年に全日本学生キックボクシングのフェザー級チャンピオンとなり、その後プロに転向。昨年、ランキング上位者との試合に勝ち、フェザー級1位まで上り詰めました。そしていよいよタイトルマッチの挑戦権を得たというわけです。
小山の先輩に安部康博選手がいます。安部は1997年K-1ジャパングランプリに板橋初のK-1戦士として出場し第3位となりました。また2002年には全日本ヘビー級チャンピオンの座を獲得しました。小山はその安部に次いで二人目のチャンピオンを目指しています。
小山の相手は強豪ですが、最近のKO勝利で勢いに乗ってベルトを奪取してほしいですね。ぜひ応援していただき小山をチャンピオンにさせてください!

日時 2012年8月26日 17:00開場 17:30試合開始
場所 後楽園ホール
料金

座席 前売 当日
SRS 指定席 10,000円 11,000円
RS 指定席 7,000円 8,000円
S 指定席 5,000円 6,000円

 

協力雇用主を知って下さい!

協力雇用主.jpg
シンポジウム

-安全・安心な社会をつくるために-

多くの方に協力雇用主制度を広く周知して関心をお持ちいただく事で新たな協力雇用主を開拓し、対象者の雇用を促進する事を目指して…

協力雇用主とは、犯罪や非行をした人の前歴にこだわらずに積極的に雇用し、その立ち直りに協力する民間の事業者です。刑務所を出所して無職のままだと再び犯罪をすることが圧倒的に多くなることがわかっています。しかし怖いとか危険など犯罪者として見てしまうのでみな敬遠してしまいます。そこで、立ち直る決意をしている人に目を向けて就労を支援しようという篤志の心をもった人に協力雇用主になってもらおうと働きかけています。
詳しくはインターネットで「協力雇用主を知って下さい!」と検索すると出てきますので一度ご覧になってみてください。
シンポジウムはどなたでも無料でお話を聞けますので、ちょっと興味があるな、と思われた方はお気軽にお越しください!


日時
平成24年7月17日(火)
14:00~16:00(受付開始13:30)

会場
板橋区立グリーンホール 2階(定員150名)

内容
第一部:基調講演
第二部:協力雇用主パネリスト(3名)によるディスカッション

パネリスト3名のうち、2名が建武館関係者です。
1人が建武館後援会会長の村田昭浩さん。
もう1人が少年部に所属している子のお父さん、植田雅人さん。
重量物を搬入・据付する仕事をする会社を経営しています。


主催
東京都更生保護就労支援事業者機構
更生保護協力雇用主会
板橋区保護司会
板橋区更生保護女性会
板橋区保護観察協会

後援
法務省
東京保護観察所

お問い合わせ
板橋区更生保護協力雇用主会事務局 TEL:03-3530-0463

参加無料

板橋区立グリーンホール
東京都板橋区栄町36-1
東武東上線 大山駅下車徒歩5分
都営地下鉄三田線 板橋区役所前下車徒歩5分
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002279.html

村田友治さん 初代バンタム級王座決定戦!

戦いが好きなそば職人が13歳年下でアマ6戦5勝の渡部義孝選手と激突!
ナイスミドル初代バンタム級チャンピオンの座を懸けて戦います!!

ナイスミドル初代バンタム級王座決定戦 村田友治HP用
孫を抱いて勝利者インタビュー!

豊島病院そばにある『そばきり浅野屋』の店主でソフトキック指導者でもある村田友治さんはNICE MIDDLE(40歳以上のアマチュアキックボクシング)でチャンピオンを目指して戦い続けていますが、念願がかなって初代バンタム級王座を懸けた決定戦に挑戦することになりました!☆

村田さんはこれまでフェザー級で戦ってきましたが、勝機をとらえて前回から1階級下げてバンタム級で戦うことにしました。村田さんは現在57歳です!この歳での減量はかなり厳しいものがありますが、勝利を目指して美味しいビールを控えて減量を断行中です!

対戦相手は6戦5勝1KOの戦績を持つ44歳の渡部義孝選手。13歳も年下の相手に戦いを挑む村田さんに、どうか熱いご声援をよろしくお願いします。そして、夢に見るチャンピオンとなって、美味しいビールを(ちょっと控えめに)飲んでもらいたいと思います!!

 

NICE MIDDLE 初代バンタム級王座決定戦 ~2分3ラウンド~

《日時》2012年8月5日(日)11時15分開場、11時30分開始
《会場》新宿FACE
《住所》新宿区歌舞伎町1-20-1 ヒューマックスパビリオン 新宿歌舞伎町7F
《料金》特別リングサイド6,000円、先着自由席4,500円
※他に1ドリンクチャージ 500円が必要です。

▼第21試合 セミファイナル 初代バンタム級王座決定戦 ~2分3R~
“戦いが好きな、そば職人” YUJI(57才/建武館/そば店主)
“戦うメタルギタリスト” 渡部義孝(44才/PHOENIXファンキーガッツメン/会社員)

ホームページリニューアルのお知らせ

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ホームページをリニューアルさせて頂きました。

不定期ではございますがイベントや試合の模様などをお伝えしていきますので宜しくお願い致します。

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

loading...