ホーム>TOP NEWS

TOP NEWS

7.17 第262回新空手道東京大会

建武館道場生22名が出場します。
皆さん応援よろしくお願いします。
 

新空手の試合風景や色々な動画を無料配信中!
「新空手公式チャンネル」

YouTube https://www.youtube.com/user/shinkaratek2k3k4
ニコニコチャンネル http://ch.nicovideo.jp/shinkarate

一歩前に出る勇気「NEVER GIVE UP」全日本新空手道連盟 日本空手道建武館 篠田剛一歩前に出る勇気「NEVER GIVE UP」全日本新空手道連盟

 

名称

第262回 新空手道東京大会

日時

2017年7月17日(月・祝)午前11時開会式予定

会場

東京武道館第一武道場

出場選手

K-2トーナメント
小林澪史

K-3トーナメント
西川鷹人

K-3ワンマッチ
内藤琉斗
小原大暁

K-4トーナメント
安嶋 真
小林歩夢
櫻井優樹
戸田龍乃介
林 春空
守屋富賀
山田新大
櫻井桜仁

K-4ルーキートーナメント
内藤右姫菜
中島悠希
濱野虎太郎
豊田莉央
中谷聡佑
明石理央
明石理玖
石橋 輝
茅野柚希

K-4ワンマッチ
友部 桜


 

出場する選手へ

建武館の代表としてはずかしい態度やふるまいをしてはならない
武道場の中では絶対にあそんだりふざけたりしてはいけない。
もちろん通路でも走り回ってはいけない。
ましてや試合場は神聖である。
死闘している人のとなりでふざけることはできやしないだろう。
したがって、もしふざけていたら、
今後は出場させないことにする。

試合場は道場と思え
道場では稽古と稽古の合間は「見取り稽古」をする。
休憩はない。
寝そべることもなければ、
ましてや何か物を食べることなどしない。
新空手の試合も長丁場の道場稽古と思ってほしい。
自分の試合以外は「見取り稽古」と思って、
強い選手の戦い方を見て学べ。
とても長時間で大変だが、
必ず得るものがたくさんあるはずだ。
試合場に出入りする際の一礼も、
道場と同じく忘れずにするように。

負けた時こそ大きな声で
勝っても負けても「いい試合」。
礼儀やあいさつは大事。
勝っても負けても元気よく挨拶をすること。
とくに負けたときほど、
大きな声であいさつをするように心がける。

負かされた相手を恨むな
試合中は相手を打ち負かそうと猛々しく戦うが、
決して人格を否定しているのではない。
しかしそれを理解していない者は、
ケンカのようになってしまい、
試合後も
後味の悪い感情を引きずる。
負けたことにより自分の足りない点を学び、
努力というエネルギーをもらい、
人はさらに成長する。
感謝しこそすれ、
相手を恨むなどはとんでもないこと。
負かされた相手を認めるには度量が要る。

試合後にもコートの外で礼を言う
勝てば浮かれ負ければ沈み込み、
感情を抑えられず相手の存在をすっかり忘れてしまい、
礼を失することもある。

試合コート内では儀礼的な礼に過ぎなかった。
そこで、
コートの外で改めてしっかりと礼を行うのだ。
ごったがえす試合会場の中にあっても、
対戦相手を見つけて自分から駆け寄って、
戦ったお礼を述べよう。

自分のことのように仲間の応援をする
自分の試合が終わると気が抜けてしまう者がいる。
気が抜けてだらけているとき、
仲間が戦っているかもしれない。
自分のことだけでなく、
仲間のことも考えて必ず応援をすること。
絶対にあぐらなどくつろいだかっこうをせず、
共に戦っている気持ちになって、
正座か用意の姿勢で応援すること。

試合場入口やトイレのスリッパをそろえる
心無い人のせいでスリッパが散らかっていることがある。
もし散らかっていたら必ず揃えること。
面倒くさがったり、恥ずかしがったり、
見て見ぬふりはしないこと。
おうちの方も子どもばかりやらせないで、
率先垂範してください。

建武館精神で
決してこわがらず、
痛がらず、
泣かず、
建武館精神で戦い抜くこと。

 

 

引用文献:空手道指導の手引

トイレ掃除しませんか? 第80回「東京掃除に学ぶ会」

日本を美しくする会 日本空手道建武館 篠田剛

日本を美しくする会 イエローハット 鍵山秀三郎 日本空手道建武館 篠田剛

NPO法人日本を美しくする会・東京掃除に学ぶ会が板橋区立高島第一中学校を借りてトイレ掃除大会を開催するというご案内をいただきましたのでお知らせします。

NPO法人日本を美しくする会とは

NPO法人日本を美しくする会は、カー用品チェーンでおなじみのイエローハットを創業した鍵山秀三郎さんが平成5年に作りました。当時より学校の先生方のご理解を頂いて学校をお借りして、トイレ清掃の活動をしていたそうです。

建武館では

板橋第一小学校の元校長先生からご紹介いただき、平成19年2月に板橋区立西台中学校でのトイレ掃除に参加しました。これをきっかけに、今回開催の高島第一中学校で、平成24年7月に実行副委員長として開催したことがあります。その時にお世話になったのが、代表世話人であり専務理事の千種敏夫さんと、実行委員長の鈴木昭夫さんです。

今回は断念

それだけに今回は参加したかったのですが、あいにくこの日は新空手道大会、そして川手裕貴指導員のキックボクシングの試合があるので断念しました。このホームページをご覧の方で、トイレ掃除にご興味がありましたら下記にご案内いたしますのでお問い合わせください。

 

第80回「東京掃除に学ぶ会」

主催

NPO法人日本を美しくする会
東京掃除に学ぶ会

日時

平成29年7月17日(月・祝)

場所

板橋区立高島第一中学校

会費

1,000円/名(当日受付)
昼食代・掃除道具補充代・ボランティア保険 ※生徒は無料

服装

掃除に適した服装(長靴またはサンダル、汗拭きタオルなど)

次第

7:30~8:30 受付
8:30~9:00 開会式
9:00~11:30 掃除実習
11:30~12:00 食事
12:00~12:30 閉会式

締切

平成29年7月8日(土)

申込先

TEL:03-3919-3301
FAX:03-3919-6623
担当者:東京掃除に学ぶ会 事務局 塩貝久(クリーンテックシオガイ㈱)
※学校への問い合わせは一切ご遠慮願います。

御礼 キッズ大会

J:COMチャンネル デイリーニュース 6月27日(火)17:30~17:50 キッズ大会が紹介されます 日本空手道建武館 篠田剛キッズ大会が紹介されます!!
6
27日(火)17:30~17:50(うち3分程度)
J:COMチャンネル(地デジ11ch)
(再放送20:30~20:50、22:00~22:20)
 

御礼

6月25日(日)開催の建武館キッズ大会は、道場生、お父さん、お母さん方のご協力をいただいたおかげをもちまして盛況のうちに滞りなく終了することができました。会場をお借りした板橋第三中学校(武田幸雄校長)様、ありがとうございました。

足元の悪い中をたくさんの方々にご来場をいただきました。会場は空調設備がないため決して快適とはいえないのですが、そのような中でも、じっくりと観戦され、子ども達の勇姿に大きな拍手を贈ってくださり、子ども達の一番の励みとなりました。ありがとうございました。
 

ご来場いただいた方

秋葉芳江様(板橋区立小学校PTA連合会会長)
大賀一成様(㈱ハウステック 元常務執行役員)
小鹿野寿生様(ヘアーサロン オガノ代表)
尾科善彦様(板橋区産業経済部長)
尾美 助様(氷川町商店会会長)
河野進一様(東京信用金庫支店長)
河野雄紀様(東京都議会議員)
小松弘明様(建武館相談役)
下村博文様(衆議院議員)
関口哲衛様(後援会正会員)
髙田秀幸様(㈱高田防水工業社長・建武館指導員)
髙田幸彦様(建武館指導員)
高田 修様(板橋区ワールドアスリート育成支援会会長)
田中俊介様(板橋区議会議員)
徳光伸也様(いたばし区民タイムス広報部長)
豊川竜多様(医療法人社団秀雄会理事長)
永澤道宏様(㈱ウェイテック社長)
成毛義光様(日本エンドレス㈱社長)
橋本幸浩様(東京板橋民間救急サービス)
波頭幸弘様(㈱泰豊顧問)
姫野祐子様(板橋法人会第9支部長・㈱あっぷる社長)
藤原康俊様(板橋第一小学校PTA会長)
松澤育男様(板橋区観光協会会長)
松田康将様(東京都議会議員)
松野榮仁様(大山町会会長・松野薬局)
間中倫平様(板橋区議会議員)
本村 勉様(建武館会員)
※板橋区長 坂本健様より祝電を賜りました。


今回はパンフレット広告と合わせて協賛金のお願いをしたところ、たくさんの方々より志をいただきました。

協賛金でのご支援

明石裕之様
㈱イザワ 伊澤英之様
板橋区観光協会 松澤育男様
板橋区産業経済部長 尾科善彦様
板橋区ワールドアスリート育成支援会 高田 修様
板橋法人会 荒井宏二様
今井庸介様
今西朋子様
医療法人社団秀雄会 豊川竜多様
医療法人社団JINAI 仁愛歯科クリニック様
㈱WITHフローリング 小林 諦様
小野寺寛様
尾美 助様
木村ますみ様
小坂仁志様
小林木材㈱ 小林 敦様
鈴木厚様
瀬尾千枝子様
関口哲衛様
髙田幸彦様
髙野昭夫様
高浜裕子様
でんきのミヨシヤ様
天間建設㈱ 天間勝治様
㈱富山工務店 富山公子様
永嶌和人様
仲宿東町会 阿部和夫様
仲宿睦町会 手嶋佑好様
中谷奈緒美様
西田三男様
日本エンドレス㈱ 成毛義光様
能勢頼明様
橋本幸浩様
波頭幸弘様
濵野邦彦様
平塚幸雄様
廣田美奈子様
松野薬局 松野榮仁様
宮元親興会 野尻正雄様
本村 威様
本村 勉様
百瀬武浩様
60歳からはじめる空手会員の皆様
和心館 坂元隆一様

パンフレット広告でのご支援

赤城工業㈱様
アルカディア㈱
㈱安藤工業様
板橋区氷川町会様
伊藤会計事務所様
iNCONTRO様
㈱WITHフローリング様
㈲植田起工様
大塚製薬㈱様
亀山整骨院様
協明畜産㈱様
甲耀クリーンサービス様
三興塗装工業㈱様
㈱ジェイコム様
笑座こんぱる様
㈱シントク様
セブンイレブン板橋氷川町店様
㈱高田防水工業様
東京信用金庫 板橋支店様
㈱東京堂インターナショナル様
㈱フローリストマルヤマ様
ヘアーサロン オガノ様
㈱堀口材木店様
㈲本澤運送店様
宮本歯科医院様
㈱森田総商様
ゆたか歯科クリニック様
㈱リブラン様
 
ここに報告を兼ねまして心から御礼申し上げますとともに、今後も未来を担う子ども達の育成に更なるご支援ご助力を賜りますようお願い申し上げます。

日本空手道建武館
館長 篠田 剛

あなたの学校で「空手」教えます!

プログラムは「武道徳」

プログラムは「武道徳」 日本空手道建武館 篠田剛
私のプログラムは、空手という武道を通じて技術(わざ)を体験させますが、道徳(こころ)についても同じくらいたっぷり時間を使い、「武道と道徳で武道徳」をテーマに掲げて組まれているのが特徴です。

以下はそのプログラムです。
 
1.礼法
2.基本
3.板突き
4.ミット打ち
5.組手に挑戦!
6.板割りに挑戦!
7.道徳
8.掃除
 

あなたの学校で「空手」教えます!

これまで講義させていただいた小学校

板橋区立板橋第一小学校(寺子屋 香林庵 今井庸介様)
板橋区立常盤台小学校・・・ご感想(学校支援地域本部 鈴木美砂様)
板橋区立緑小学校・・・ご感想(学校開放協力会会長 廣瀬功一様)
板橋区立志村小学校(あいキッズ 上重 悠様)
 

建武館キッズ大会についてⅡ

キッズ大会のはじまり

当初は苦い出来事の連続

建武館の子ども達がいわゆる寸止めから直接身体に突き蹴りをするフルコンタクトに変わったのが平成14年でした。初めのころは技の形を変えるだけでも一苦労で、それだけでなく今まで当てなかったものが当てるようになったので、力加減がわからずガツンとやってしまったり、当てられて怒りだしたり泣き出したりと、苦い出来事の連続でした。
 

キッズ大会の始まりは “わんぱく練習試合”

その稽古体系の変更に伴い、子ども達がその技と精神を理解習得するまでの間は各種大会への出場を控えておりましたが、翌平成15年に入りようやく稽古にも慣れてきましたので、そろそろ試合の経験をさせる時期が来たと考え、まずは試合ルールや礼儀作法などを体験するための機会とした “練習試合”を行ない、経験を積ませることにいたしました。これがキッズ大会の始まりです。
 

キッズ大会の特長

背中を押して出場させる

試合は直接打撃の組手だけに痛くて怖いものです。それに、負けたら恥ずかしいものですから、気の弱い子は出場をためらいます。ですが、試合においては、勝ち負けの結果よりも“勝ち方や負け方”がとても大切で、負けた時の身の処し方や悔しいけれど負けを潔く認める心の広さを学ばせるチャンスなので「勝っても負けても勉強だ。負けて勉強になることもある」そう言って出させています。大事なことは強そうな相手にも、怖いながら立ち向かったということです。負けるのがイヤと尻込みせずにやるだけやってみろよと、背中を押しているわけなのです。
 

感動をくれた子を称える

勇気を持って出場してくれただけに、勝った子ばかりでなくたとえ負けても怖さに耐えて頑張った子に賞を贈ることもしています。たとえ負けてもすごく頑張って私たちが感動をもらった子には、勝ち負け関係なく与えます。もちろん勝つことに越したことはありませんが、しかしたとえ負けても称えてあげているのです。この、負けた子にも賞があることはキッズ大会の特長の一つでしょう。
このような賞を授与することで、痛みやつらさに堪えて、倦まず弛まず努力することの大切さを教えているわけです。
 

キッズ大会の賞について

浄財を頂いて購入

受賞した子ども達に贈る楯やトロフィーは、その趣旨にご賛同くださった方に協賛金やパンフレットの広告代として浄財をいただいて購入させて頂きました。
 

敢闘賞

そのひとつが敢闘賞です。これは、建武館の精神を継承するために設けたもので、不撓不屈の精神をもって挑戦し、たとえ負けても自分より強い相手に立ち向かうという建武館らしい戦い方をして我々に勇気と感動を与えてくれた者を称え、敢闘賞を贈っています。
 

特別賞

自分のことしか興味のない子が多い中で、心からの応援をして試合に臨む仲間に力を与えてくれたり、朝からの長丁場でも気を緩めず自分を律した態度を取り続けたりした者に対して贈る特別賞も設けました。
 

努力賞

大会当日だけではありません。普段は顔面への攻撃を禁止して稽古していますが、キッズ大会のひと月ほど前から、ヘッドガードを着用しての組手の特訓が始まります。顔面に上段回しげりが容赦なく襲い掛かるという稽古が続くわけです。そんな中においても、怖さに耐えて常に明るく前向きに、地道な努力を続けた者へ贈るのが努力賞です。
 

もう一つの特長

おやじ組手で子どもと共感

そして表彰式前に行う『おやじ組手』もキッズ大会の特長の一つであり、また、キッズ大会の意義を深くしています。
おやじ組手は親子で習う親が組手の演武をするものです。演武といってもカッコいいものではありません。どちらかというとカッコ悪く“無様(ぶざま)な姿をみせよう”という言い方のほうが、正しいのかもしれません。
子ども達は何カ月もの間、キッズ大会のために組手ばかりやらされて、つらい思いをしています。殴られたり蹴られたりして、否応なく“無様な姿”となります。そんなとき、励ますことができるのが、おやじ達です。
このキッズの会場で、おやじ達が“無様な姿”をさらけ出します。わが子の前でガツン!ドスン!とやられます。
そんなとき、“お前もつらいよな、わかるよその気持ち…”そう理解をしてあげるだけでなく、“だけどそれを乗り越えて頑張ろうぜ、俺も頑張るからよ!”と。
自分も痛みを知っているだけに、とても子どもの気持ちがわかります。共感できます。
そして、だけど頑張ろうな、って、心の底から背中を押してあげられます。
 

大事な何かを学び取れる大会に

なんといってもおやじ達の、痛みに耐えるところがまたいい。おもしろい。そして、痛いはずなのに顔は爽やかな笑顔で、 “な、空手っていいだろ!”
とても説得力があるわけですね。
建武館のキッズ大会って、そんな感じです。これからも技の覇を競り合うだけの大会にしません。大事な何かを学び取れる大会にしたいなと思っています。 
 

おやじの会について

あれこれ言わず姿見せよう

親があれこれ言うばかりでなく頑張る姿を見せようぜ-ということで空手を習っている子のお父さんたちが集まって“おやじの会”を作りました。やはり、親という草の根から理解してもらうことが大事なのだといつも思っています。
 

非日常を楽しむ

空手の稽古には、お互いに突いたり蹴ったりする、“組手”というものがあります。体に直接当てあうので、当たればもちろん痛い。その痛い組手を無言でやっているともっと痛いんです。ところが、オリャーッとか言いながらやっていると、エンドルフィンが出てくるんでしょうか、痛いんだけど苦じゃなくなります。
そんな感じで、おやじ達は“非日常”を楽しんでいます。空手にちょっと興味があるお父さん、一度道場をのぞいてみませんか!
 
【稽古日】毎週火・木曜日 午後8時半~9時半
【月会費】6,500円(女性は5,400円)
※親子でご入会いただくと、月会費の安い方を1人半額とします。
 
 
たとえ強そうな相手であっても、
怖いながら立ち向かうその勇気。
 
そんな、子ども達を、
どうか見届けてやってください。
 
日本空手道建武館
館長 篠田 剛
 
 
建武館キッズ大会について 表紙 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について キッズ大会のはじまり 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について キッズ大会の特長 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について キッズ大会の賞について 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について さまざまなご支援 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について もう一つの特長 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について おやじの会について 日本空手道建武館 篠田剛

建武館キッズ大会について 裏表紙 日本空手道建武館 篠田剛

建武館キッズ大会について

第14回建武館キッズ大会 日本空手道建武館 篠田剛

名称

第14回建武館キッズ大会
 

日時

2017年6月25日(日)
選手エントリー開始 9:00(終了9:30)
開会式 10:00
午後の部開始 12:40
・準決勝 12:40
・決勝  14:45
・おやじ組手・少年部OBとの組手 15:45
閉会式 16:15
終了 16:45
 

場所

板橋区立板橋第三中学校体育館(板橋区氷川町22-3)
 

趣旨

  1. 試合出場を目標におくことでつらい稽古に耐え抜き、技の向上とともに成し遂げようとする心や忍耐力を向上させること。
  2. 人間同士の勝負によって多くを学び、負けてもくさらず次こそはと思い努力し勝者を称え勝ってもいい気にならず敗者の気持ちを察して思いやる心を育ませること。
  3. 勝敗が明確な試合の場で、負けること恥をかくことなどを恐れずどれだけ上達したかという自分を評価の目にさらす勇気と打たれ強いめげない心を養うこと。
  4. 保護者と建武館が一体となって怖いながらも頑張ろうと子ども達の背中を押してあげ温かく見守り励まし元気づけること。
 

キッズ大会のはじまり

当初は苦い出来事の連続

建武館の子ども達がいわゆる寸止めから直接身体に突き蹴りをするフルコンタクトに変わったのが平成14年でした。初めのころは技の形を変えるだけでも一苦労で、それだけでなく今まで当てなかったものが当てるようになったので、力加減がわからずガツンとやってしまったり、当てられて怒りだしたり泣き出したりと、苦い出来事の連続でした。
 

キッズ大会の始まりは “わんぱく練習試合”

その稽古体系の変更に伴い、子ども達がその技と精神を理解習得するまでの間は各種大会への出場を控えておりましたが、翌平成15年に入りようやく稽古にも慣れてきましたので、そろそろ試合の経験をさせる時期が来たと考え、まずは試合ルールや礼儀作法などを体験するための機会とした “練習試合”を行ない、経験を積ませることにいたしました。これがキッズ大会の始まりです。
 

キッズ大会の特長

背中を押して出場させる

試合は直接打撃の組手だけに痛くて怖いものです。それに、負けたら恥ずかしいものですから、気の弱い子は出場をためらいます。ですが、試合においては、勝ち負けの結果よりも“勝ち方や負け方”がとても大切で、負けた時の身の処し方や悔しいけれど負けを潔く認める心の広さを学ばせるチャンスなので「勝っても負けても勉強だ。負けて勉強になることもある」そう言って出させています。大事なことは強そうな相手にも、怖いながら立ち向かったということです。負けるのがイヤと尻込みせずにやるだけやってみろよと、背中を押しているわけなのです。
 

感動をくれた子を称える

勇気を持って出場してくれただけに、勝った子ばかりでなくたとえ負けても怖さに耐えて頑張った子に賞を贈ることもしています。たとえ負けてもすごく頑張って私たちが感動をもらった子には、勝ち負け関係なく与えます。もちろん勝つことに越したことはありませんが、しかしたとえ負けても称えてあげているのです。この、負けた子にも賞があることはキッズ大会の特長の一つでしょう。
このような賞を授与することで、痛みやつらさに堪えて、倦まず弛まず努力することの大切さを教えているわけです。
 

キッズ大会の賞について

浄財を頂いて購入

受賞した子ども達に贈る楯やトロフィーは、その趣旨にご賛同くださった方に協賛金やパンフレットの広告代として浄財をいただいて購入させて頂きました。
 

敢闘賞

そのひとつが敢闘賞です。これは、建武館の精神を継承するために設けたもので、不撓不屈の精神をもって挑戦し、たとえ負けても自分より強い相手に立ち向かうという建武館らしい戦い方をして我々に勇気と感動を与えてくれた者を称え、敢闘賞を贈っています。
 

特別賞

自分のことしか興味のない子が多い中で、心からの応援をして試合に臨む仲間に力を与えてくれたり、朝からの長丁場でも気を緩めず自分を律した態度を取り続けたりした者に対して贈る特別賞も設けました。
 

努力賞

大会当日だけではありません。普段は顔面への攻撃を禁止して稽古していますが、キッズ大会のひと月ほど前から、ヘッドガードを着用しての組手の特訓が始まります。顔面に上段回しげりが容赦なく襲い掛かるという稽古が続くわけです。そんな中においても、怖さに耐えて常に明るく前向きに、地道な努力を続けた者へ贈るのが努力賞です。
 

さまざまなご支援

会場での応援

会場は空調設備がないため決して快適とはいえないのですが、そのような中でも、じっくりと観戦され、子ども達の勇姿に大きな拍手を贈ってくださることが子ども達にとっての一番の励みとなります。この機会に是非ともご来場いただき、たとえ強そうな相手であっても怖いながら立ち向かう勇気を振り絞る子ども達の姿を、見届けてあげて頂ければ幸いです。
 

協賛金やパンフレット広告でのご支援

建武館キッズ大会はご理解ある方々のあたたかいご支援で運営されています。今年度も下記の企業・商店・個人の皆様のご協賛をいただきました。ご協賛くださった方々へ感謝の意を込めて御芳名を掲載させていただきます。

※五十音順とし、金額や口数は掲載しておりません。

協賛金でのご支援

明石裕之様
㈱イザワ 伊澤英之様
板橋法人会 荒井宏二様
板橋区産業経済部長 尾科善彦様
今井庸介様
今西朋子様
㈱WITHフローリング 小林 諦様
小野寺寛様
木村ますみ様
小坂仁志様
小林木材㈱ 小林 敦様
医療法人社団JINAI 仁愛歯科クリニック様
鈴木厚様
瀬尾千枝子様
関口哲衛様
髙野昭夫様
高浜裕子様
でんきのミヨシヤ様
天間建設㈱ 天間勝治様
㈱富山工務店 富山公子様
永嶌和人様
仲宿東町会 阿部和夫様
仲宿睦町会 手嶋佑好様
中谷奈緒美様
西田三男様
日本エンドレス㈱ 成毛義光様
能勢頼明様
橋本幸浩様
波頭幸弘様
濵野邦彦様
平塚幸雄様
廣田美奈子様
松野薬局 松野榮仁様
宮元親興会 野尻正雄様
本村 威様
百瀬武浩様
60歳からはじめる空手会員の皆様
和心館 坂元隆一様

パンフレット広告でのご支援

赤城工業㈱様
アルカディア㈱
㈱安藤工業様
板橋区氷川町会様
伊藤会計事務所様
iNCONTRO様
㈱WITHフローリング様
㈲植田起工様
大塚製薬㈱様
亀山整骨院様
協明畜産㈱様
甲耀クリーンサービス様
三興塗装工業㈱様
㈱ジェイコム様
笑座こんぱる様
㈱シントク様
セブンイレブン板橋氷川町店様
㈱高田防水工業様
東京信用金庫 板橋支店様
㈱東京堂インターナショナル様
㈱フローリストマルヤマ様
ヘアーサロン オガノ様
㈱堀口材木店様
㈲本澤運送店様
宮本歯科医院様
㈱森田総商様
ゆたか歯科クリニック様
㈱リブラン様
 

もう一つの特長

おやじ組手で子どもと共感

そして表彰式前に行う『おやじ組手』もキッズ大会の特長の一つであり、また、キッズ大会の意義を深くしています。
おやじ組手は親子で習う親が組手の演武をするものです。演武といってもカッコいいものではありません。どちらかというとカッコ悪く“無様(ぶざま)な姿をみせよう”という言い方のほうが、正しいのかもしれません。
子ども達は何カ月もの間、キッズ大会のために組手ばかりやらされて、つらい思いをしています。殴られたり蹴られたりして、否応なく“無様な姿”となります。そんなとき、励ますことができるのが、おやじ達です。
このキッズの会場で、おやじ達が“無様な姿”をさらけ出します。わが子の前でガツン!ドスン!とやられます。そんなとき、“お前もつらいよな、わかるよその気持ち…”そう理解をしてあげるだけでなく、“だけどそれを乗り越えて頑張ろうぜ、俺も頑張るからよ!”と。
自分も痛みを知っているだけに、とても子どもの気持ちがわかります。共感できます。
そして、だけど頑張ろうな、って、心の底から背中を押してあげられます。
 

大事な何かを学び取れる大会に

なんといってもおやじ達の、痛みに耐えるところがまたいい。おもしろい。そして、痛いはずなのに顔は爽やかな笑顔で、 “な、空手っていいだろ!”
とても説得力があるわけですね。
建武館のキッズ大会って、そんな感じです。これからも技の覇を競り合うだけの大会にしません。大事な何かを学び取れる大会にしたいなと思っています。 
 

おやじの会について

あれこれ言わず姿見せよう

親があれこれ言うばかりでなく頑張る姿を見せようぜ-ということで空手を習っている子のお父さんたちが集まって“おやじの会”を作りました。やはり、親という草の根から理解してもらうことが大事なのだといつも思っています。
 

非日常を楽しむ

空手の稽古には、お互いに突いたり蹴ったりする、“組手”というものがあります。体に直接当てあうので、当たればもちろん痛い。その痛い組手を無言でやっているともっと痛いんです。ところが、オリャーッとか言いながらやっていると、エンドルフィンが出てくるんでしょうか、痛いんだけど苦じゃなくなります。
そんな感じで、おやじ達は“非日常”を楽しんでいます。空手にちょっと興味があるお父さん、一度道場をのぞいてみませんか!
 
【稽古日】毎週火・木曜日 午後8時半~9時半
【月会費】6,500円(女性は5,400円)
※親子でご入会いただくと、月会費の安い方を1人半額とします。
 
 
たとえ強そうな相手であっても、
怖いながら立ち向かうその勇気。
 
そんな、子ども達を、
どうか見届けてやってください。
 
日本空手道建武館
館長 篠田 剛
 
 
建武館キッズ大会について 表紙 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について キッズ大会のはじまり 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について キッズ大会の特長 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について キッズ大会の賞について 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について さまざまなご支援 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について もう一つの特長 日本空手道建武館 篠田剛建武館キッズ大会について おやじの会について 日本空手道建武館 篠田剛

建武館キッズ大会について 裏表紙 日本空手道建武館 篠田剛

6.4 第261回新空手道東京大会

建武館道場生有志が出場します。
皆さん応援よろしくお願いします。

日時
2017年6月4日(日)午前11時00分開会式予定

会場
墨田区総合体育館・武道場


 

新空手の試合風景や色々な動画を無料配信中!
「新空手公式チャンネル」

YouTube https://www.youtube.com/user/shinkaratek2k3k4
ニコニコチャンネル http://ch.nicovideo.jp/shinkarate

 

出場する選手へ

建武館の代表者として恥ずかしい態度や振る舞いをしてはならない

育館の中では絶対にあそんだりふざけたりしてはいけない。もちろん通路でも走り回ってはいけない。ましてや試合場は神聖である。死闘している人のとなりでふざけることはできやしないだろう。
したがって、もしふざけていたら、今後は出場させないことにする。

試合場は道場と思え

道場では稽古と稽古の合間は「見取り稽古」をする。休憩はない。寝そべることもなければ、ましてや何か物を食べることなどしない。新空手の試合も長丁場の道場稽古と思ってほしい。自分の試合以外は「見取り稽古」と思って、強い選手の戦い方を見て学べ。とても長時間で大変だが、必ず得るものがたくさんあるはずだ。試合場に出入りする際の一礼も道場と同じく忘れずにするように。

負けた時こそ大きな声で

勝っても負けても「いい試合」。
礼儀やあいさつは大事。
勝っても負けても元気よく挨拶をすること。
とくに負けたときほど大きな声であいさつをするように心がける。

負かされた相手を恨むな

試合中は相手を打ち負かそうと猛々しく戦うが、決して人格を否定しているのではない。しかしそれを理解していない者はケンカのようになってしまい、試合後も後味の悪い感情を引きずる。
負けたことにより自分の足りない点を学び、努力というエネルギーをもらい、人はさらに成長する。感謝しこそすれ、相手を恨むなどはとんでもないこと。負かされた相手を認めるには度量が要る。

試合後にもコートの外で礼を言う

勝てば浮かれ負ければ沈み込み、感情を抑えられず相手の存在をすっかり忘れてしまい礼を失することもある。試合コート内では儀礼的な礼に過ぎなかった。そこで、コートの外で改めてしっかりと礼を行うのだ。ごったがえす試合会場の中にあっても、対戦相手を見つけて自分から駆け寄って戦ったお礼を述べよう。

自分のことのように仲間の応援をする

自分の試合が終わると気が抜けてしまう者がいる。気が抜けてだらけているとき仲間が戦っているかもしれない。自分のことだけでなく仲間のことも考えて必ず応援をすること。絶対にあぐらなどくつろいだかっこうをせず、共に戦っている気持ちになって正座か用意の姿勢で応援すること。

試合場入口やトイレのスリッパをそろえる

心無い人のせいでスリッパが散らかっていることがある。もし散らかっていたら必ず揃えること。面倒くさがったり、恥ずかしがったり、見て見ぬふりはしないこと。おうちの方も子どもばかりやらせないで率先垂範してください。

建武館精神で

決してこわがらず、
痛がらず、
泣かず、
建武館精神で戦い抜くこと。

 

引用文献:空手道指導の手引

公徳心を育てよう 春の板橋クリーン作戦 建武館

公徳心を育てよう 春の板橋クリーン作戦 日本空手道建武館 篠田剛

クリーン作戦の様子


建武館では毎年、エコポリス板橋環境行動会議が全区的統一清掃活動として実施している「春の板橋クリーン作戦」に参加しています。

建武館を空手の技を教えるだけの道場にしたくありません。そこで、このような公共のイベントに“便乗”して子ども達の心に公徳心を植え付けています。

 

今の世の中、自分勝手な人が多いものです。自分の家の前にごみを捨てられたら怒るくせに、平気で人の家の前にごみを捨てるのですから。

そんな大人にさせないように、足元のごみを拾わせる。こんなところに捨てやがったのは誰だっ、とも怒らずにさっと拾わせる。

 

この時期は建武館の最大行事、中学生以下の組手の大会をひかえて組手の特訓をしなければなりません。

ですが、それよりも大切なのが、こういう掃除です。稽古を少し早めに切り上げて、みんなで外掃除に出かけます。

 

空手道場ですから空手をうまくさせることは当たり前です。しかし空手の技を教えるだけの道場にしたくありません。

学習塾が、○○大学合格を誇るように、建武館では○○会社に就職、社長さんが「ぜひ我が社へ」と声を掛けられることを誇ります。

 

チャンピオンを育てるだけでなく、人として魅力のある人間を、これからも育てていこうと思っています。

 

 

公徳心を育てよう 春の板橋クリーン作戦 日本空手道建武館 篠田剛

掃除の最中にお会いした板橋法人会の会長さんと

7.8 板橋名人寄席「柳家権太楼・風間杜夫 二人会」

7.8 板橋名人寄席 柳家権太楼 日本空手道建武館 篠田剛

毎週木曜日(10:00~11:00)アンチエイジングトレーニングにお越しの柳家権太楼師匠が7月8日(土)板橋区立文化会館で落語会を開きます。お楽しみください!!

 

公益財団法人 板橋区文化・国際交流財団

 
初顔合わせ落語会です!
板橋区在住の古典落語の重鎮「権太楼」師匠と、俳優・落語家の「風間杜夫」さんの味わい深い話芸、「江戸家小猫」さんの動物のモノマネを存分にお楽しみください。
  • 日時
    7月8日(土)
    開場13時30分  開演14時00分
  • 会場
    板橋区立文化会館大ホール
  • 料金
    (全席指定) 1階席 3,500円  2階席 2,500円
    ※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
  • 演目
    当日のお楽しみ
  • 出演
    柳家権太楼、風間杜夫 ※各二席口演 【特別出演】江戸家小猫
  • チケットの取扱
    前売開始 4月4日(火)

柳家権太楼師匠が入会のいきさつを熱く語ってくださいました! アンチエイジングトレーニング 日本空手道建武館 篠田剛

柳家権太楼師匠が入会のいきさつを熱く語ってくださいました!

loading...