ホーム>TOP NEWS

TOP NEWS

10.28 ハッピーハロウィンKENBUKAN 2017

10.28 ハロウィンKENBUKAN 2017 日本空手道建武館 篠田剛

 

10月28日夜、仮装した子ども達がハロウィンで盛り上がりました。
85人の子ども達が遊座大山とハッピーロード大山商店街にあるお店を訪れて“トリック オア トリート!”お店の人からお菓子をもらって大喜びでした。
 
 
10.28 ハロウィンKENBUKAN 2017 ハッピーロード大山 日本空手道建武館 篠田剛
10.28 ハロウィンKENBUKAN 2017 ハッピーロード大山 日本空手道建武館 篠田剛
10.28 ハロウィンKENBUKAN 2017 日本空手道建武館 篠田剛
10.28 ハロウィンKENBUKAN 2017 日本空手道建武館 篠田剛
10.28 ハロウィンKENBUKAN 2017 日本空手道建武館 篠田剛
ご協力いただいた皆さん
お菓子を配ってくれたお店のみなさん、ありがとうございました!
子ども達がはしゃいで不行儀だったにもかかわらず、やさしく接して頂き感謝いたします。子ども達はとても喜んでいました。ご協力ありがとうございました。
 
 
 
 
 

10.23~27 プレイベント ~いたばし健康まつり2017~ |板橋区

いたばし健康まつり2017 プレイベント 2017.10.23~27 板橋区役所1階 いたばし健康づくりネットワーク会議 板橋区立グリーンホールにて開催 アンチエイジングトレーニング  参加体験型活動発表 日本空手道建武館 篠田剛

●とき
10月23日(月)~10月27日(金)

●ところ
板橋区役所1階 区民イベントスペース

●内容(展示)
いたばし健康ネットに登録している団体の活動紹介
いたばし健康まつり参加団体の事前PR
いたばし健康まつり2016の様子をご紹介


●いたばし健康まつり情報
建武館
板橋区

 

いたばし健康まつり2017 いたばし健康づくりネットワーク会議 板橋区立グリーンホールにて開催 アンチエイジングトレーニング  参加体験型活動発表 日本空手道建武館 篠田剛

11.16 いたばし健康まつり2017 アントレ体験に来ませんか?!

いたばし健康まつり2017 いたばし健康づくりネットワーク会議 板橋区立グリーンホールにて開催 アンチエイジングトレーニング  参加体験型活動発表 日本空手道建武館 篠田剛第15回いたばし健康まつり2017

「いたばし健康まつり2017」の開催概要 | 板橋区 いたばし健康まつりで アンチエイジングトレーニングが体験できます | 日本空手道建武館 篠田剛 

いたばし健康まつり2017が開催されます

いたばし健康づくりネットワーク会議が主催する第15回いたばし健康まつり2017が今年も板橋区立グリーンホールにて11月15・16日に開催いたします。

いたばし健康まつりは、地域の健康づくりに取り組んでいる団体・企業・病院などが、健康に関するさまざまな情報を発信するイベントです。
 

アンチエイジングトレーニングが体験できます!!

建武館は、いたばし健康づくりネットワーク会議に登録する団体のひとつとして、毎年このイベントに参加しておりまして、今年もアンチエイジングトレーニング(アントレ)を実演することになりました。

この実演中はどなたでも自由に参加体験ができるようになっています。正味20分たらずで、普段着でもスーツ姿でもできますので、お気軽にお立ち寄りください。健康に興味のある方、アントレを体験したい方がお近くにいらっしゃればお声がけして頂ければ幸いです。


とき:2017年11月16日(木)11:40~12:05
ところ:板橋区立グリーンホール 2階ホール(板橋区栄町36-1)
※11:30頃までに2階ホールまでお越しください。

10.9 アマチュア打撃格闘技―JAPAN CUP2017

アマチュア打撃格闘技―JAPAN CUP2017
 
建武館を代表して6名の選手がディファ有明で戦います。応援よろしくお願いします。
 
河島由征 JAPAN CUP -67kg
戸田龍之介 K-4 JAPAN CUP 小学6年生部
櫻井優樹 K-4 JAPANCUP 小学5年生部
明石理央 K-4 JAPANCUP 小学5年生部
中島悠希 K-4 JAPANCUP 小学4年生部
櫻井桜仁 K-4 JAPANCUP 小学1年生部
 
主催  JAPAN CUP実行委員会
協力  一般社団法人キックボクシング振興会 / RISE / ホ-ストカップ /
目的  大会を通じての青少年健全育成/格闘技の普及と選手の技術向上
日時  平成29年10月9日(月・祝) 午前11時00分開会式予定
場所  ディファ有明(東京都江東区有明1-3-25 TEL:03-5500-3731)
 

9.23 第264回新空手道東京大会

建武館道場生20名が出場します。
皆さん応援よろしくお願いします。
 

新空手の試合風景や色々な動画を無料配信中!
「新空手公式チャンネル」

YouTube https://www.youtube.com/user/shinkaratek2k3k4
ニコニコチャンネル http://ch.nicovideo.jp/shinkarate

一歩前に出る勇気「NEVER GIVE UP」全日本新空手道連盟 日本空手道建武館 篠田剛一歩前に出る勇気「NEVER GIVE UP」全日本新空手道連盟

 

名称

第264回 新空手道東京大会

日時

2017年9月23日(土・祝)午前11時開会式予定

会場

東京武道館第一武道場

出場選手

K-3トーナメント
西川鷹人
内藤琉斗
近江一樹
池田 礼

K-4トーナメント
渡部寿成
櫻井優樹
林 春空
明石理央
小林歩夢
中島悠希
守屋富賀
山田新大
櫻井桜仁

K-4ルーキートーナメント
内藤右姫菜
中谷聡佑
友部 桜
茅野柚希
濱野虎太郎
明石理玖
石橋 輝

 

出場する選手へ

建武館の代表としてはずかしい態度やふるまいをしてはならない
武道場の中では絶対にあそんだりふざけたりしてはいけない。
もちろん通路でも走り回ってはいけない。
ましてや試合場は神聖である。
死闘している人のとなりでふざけることはできやしないだろう。
したがって、もしふざけていたら、
今後は出場させないことにする。

試合場は道場と思え
道場では稽古と稽古の合間は「見取り稽古」をする。
休憩はない。
寝そべることもなければ、
ましてや何か物を食べることなどしない。
新空手の試合も長丁場の道場稽古と思ってほしい。
自分の試合以外は「見取り稽古」と思って、
強い選手の戦い方を見て学べ。
とても長時間で大変だが、
必ず得るものがたくさんあるはずだ。
試合場に出入りする際の一礼も、
道場と同じく忘れずにするように。

負けた時こそ大きな声で
勝っても負けても「いい試合」。
礼儀やあいさつは大事。
勝っても負けても元気よく挨拶をすること。
とくに負けたときほど、
大きな声であいさつをするように心がける。

負かされた相手を恨むな
試合中は相手を打ち負かそうと猛々しく戦うが、
決して人格を否定しているのではない。
しかしそれを理解していない者は、
ケンカのようになってしまい、
試合後も
後味の悪い感情を引きずる。
負けたことにより自分の足りない点を学び、
努力というエネルギーをもらい、
人はさらに成長する。
感謝しこそすれ、
相手を恨むなどはとんでもないこと。
負かされた相手を認めるには度量が要る。

試合後にもコートの外で礼を言う
勝てば浮かれ負ければ沈み込み、
感情を抑えられず相手の存在をすっかり忘れてしまい、
礼を失することもある。

試合コート内では儀礼的な礼に過ぎなかった。
そこで、
コートの外で改めてしっかりと礼を行うのだ。
ごったがえす試合会場の中にあっても、
対戦相手を見つけて自分から駆け寄って、
戦ったお礼を述べよう。

自分のことのように仲間の応援をする
自分の試合が終わると気が抜けてしまう者がいる。
気が抜けてだらけているとき、
仲間が戦っているかもしれない。
自分のことだけでなく、
仲間のことも考えて必ず応援をすること。
絶対にあぐらなどくつろいだかっこうをせず、
共に戦っている気持ちになって、
正座か用意の姿勢で応援すること。

試合場入口やトイレのスリッパをそろえる
心無い人のせいでスリッパが散らかっていることがある。
もし散らかっていたら必ず揃えること。
面倒くさがったり、恥ずかしがったり、
見て見ぬふりはしないこと。
おうちの方も子どもばかりやらせないで、
率先垂範してください。

建武館精神で
決してこわがらず、
痛がらず、
泣かず、
建武館精神で戦い抜くこと。

 

 

引用文献:空手道指導の手引

10.4 勇気づけ子育て講座 板橋第一・第九小学校PTA合同主催

平成29年度板橋第一・第九小学校PTA合同主催 家庭教育学級

子どもの自信とやる気を引き出す
勇気づけ子育て講座

平成29年度板橋第一・第九小学校PTA合同主催家庭教育学級 子どもの自信とやる気を引き出す 勇気づけ子育て講座 日本空手道建武館 篠田剛

 
日時▶2017年10月4日(水)10:00~
場所▶板橋第一小学校内いちょうホール
対象▶板橋区内在住の保護者
参加費▶無料
申込期間▶9月4日(月)~19日(火)
申込み・お問い合わせ▼
板九小PTA:ita9pta@yahoo.co.jp
 
 
毎年各学校で開催される『家庭教育学級』を今年度は板橋第一小学校PTAと板橋第九小学校PTAで合同開催をすることになりました。
テーマである『勇気づけ』とは、困難を乗り越える力のことです。「怒らない」だけでなく、「ほめない」ことも実践する『勇気づけ子育て』。
 
♪子どものやる気と自信を引き出す方法
♪子どもの「よさ」を伸ばす関わり方
♪心が軽くなるセルフメンテナンスの方法
♪勇気づけの具体的な方法 など
 
アドラー心理学を基にした子育て講座です。保護者自身がさらにハッピーになるお話です!
 
・氏名、参加人数、連絡先を明記の上、メールにてお申込みください。
・講演時間中、未就学児の託児ができます。ご希望の方は申込時にお知らせください。
・自転車でのご来場はご遠慮ください。
・上履きをお持ちください。
 

講師 原田綾子さん 平成29年度板橋第一・第九小学校PTA合同主催家庭教育学級 子どもの自信とやる気を引き出す 勇気づけ子育て講座 日本空手道建武館 篠田剛

講師:原田綾子さん

 
 
原田綾子(はらだあやこ)
(株)HeartySmile代表取締役
 
小学校教員時代、前年度、いわゆる学級崩壊状態だったクラスを引き継ぎ担任。様々な問題と向き合うことになり学級経営を研究。そのとき、抜群の効果をもたらしたのが「勇気づけ子育て」(アドラー心理学)だった。
結果、学級内にめまぐるしい変化が起こり、感動的な体験をする。また、子どもを伸ばすには母親自身の心がイキイキとしていることが重要だと気づき、教員退職後勇気づけをベースとして子育て講座、講演活動を開始。全国から依頼があり、講座、講演活動、教員研修などを行っている。普段は埼玉県富士見市ふじみ野駅前の教室で各種セミナーを開催。子どもへの関わり方だけでなく母親の心のあり方に焦点を当てたオリジナル講座は「自分に自信が持てる」「心が元気になる」「子育てに迷いがなくなった」「子どもが変わった」と好評で関東のみならず、全国各地からの受講生も多数。
10年間で、延べ1万5千人以上に勇気づけを伝えている。
(2017年4月現在)小中学生の2児の母。
 

 

「第18回K-1アマチュア」~全日本大会予選トーナメント(チャレンジ・マスターズ)&交流大会~ 建武館

菅原美優 小林穂夏

「第18回K-1アマチュア」
~全日本大会予選トーナメント(チャレンジ・マスターズ)&交流大会~
応援よろしくお願いします!
 
日程
2017年9月3日(日) 10:30開会式(予定)
会場
東京・GENスポーツパレス
アクセス
東京都新宿区百人町2-23-25 GENスポーツパレス4F
JR大久保駅北口より徒歩5分/JR新大久保駅より徒歩8分 地図
入場料金
・指定席(一般) 3,000円(パンフレット付)
・指定席(モバイル会員) 2,500円(パンフレット付)
・一般 2,000円(パンフレット付)
・小中学生 1,500円(パンフレット付)
※指定席は、限定30席となり当日販売のみとなります。また、売切れ次第、販売終了となりますので、ご了承下さい。
 
◆小林穂夏:K-1チャレンジ(一般) 女子Bクラス トーナメント ★-45kg
◆菅原美優:K-1チャレンジ(一般) 女子Bクラス トーナメント ★-50kg
 

10.22 板橋区民まつり 建武館による板割り演武を行います

10.22 板橋区民まつり 建武館による空手演武を行います 日本空手道建武館 篠田剛

毎年恒例となりました板割り演武。
今年も元気いっぱいの子ども達が、
板一中体育館で体当たりの熱演を繰り広げます。

みなさんお誘い合わせのうえ、
キッズの応援よろしくお願いします!

第45回 板橋区民まつり 空手演武 りんりんちゃん いたわり 日本空手道建武館 篠田剛 第46回板橋区民まつり
とき:2017年10月22日(日)15:30~~16:00
ところ:板橋第一中学校体育館(買い物と交流のひろば)
いたばしプロレスリングの後すぐ!

板橋区民まつり情報
板橋区観光協会

夏季休館のお知らせ

誠に勝手ながら、以下の期間を休館とさせていただきます。
 
日程:2017年8月11日(金)~2017年8月16日(水)
 
休館中にいただいたファックスや電子メールでのお問い合わせにつきましては、2017年8月17日(木)以後、順次回答させていただきます。
●ファックス 03-3963-7312
●お問い合わせフォーム http://www.kenbukan.net/contact/forms/index/1

7.31 区民タイムスに掲載される ~キッズ大会6.25~

7.31 区民タイムスに掲載される ~建武館キッズ大会6.25~ 日本空手道建武館 篠田剛

2017年6月25日(日)に板橋第三中学校体育館で開催した、建武館キッズ大会の記事が区民タイムスに掲載されました。


記事には館長の挨拶、小松弘明相談役の訓話が掲載され、おやじ組手と少年部OBとの組手の披露が紹介されました。おやじ組手については「痛みを親子で共感しカッコ悪さをさらけ出す」という意義も載せてくださいました。


そして最後に、キッズ大会の特長でもある敢闘賞に輝いた選手の名前が発表されていました。たいていは優勝した強い子だけがクローズアップされるもので、このように勝ち負けとは違う観点からの受賞者を載せていただくことはめったにありません。


キッズ大会は勝つことも大事だけどそれよりも大切なことを学ばせていますが、区民タイムスさんがその想いをわかってくれているということに感激しています。区民タイムスさん、ありがとうございました。

7.31 区民タイムスに掲載される ~建武館キッズ大会6.25~  1面 日本空手道建武館 篠田剛

いたばし区民タイムス1面

発行所:区民タイムス社
発行人:阿由葉敏行
TEL03(3966)4660

loading...