ホーム>空手のこころ>『義を見て為ざるは勇なきなり その名回答 産経新聞に掲載』 69
空手のこころ

『義を見て為ざるは勇なきなり その名回答 産経新聞に掲載』 69

2011-06-18

私は質問しながらも、私なりの回答を持っていました。
しかし、それを言葉に表せずにいました。
ただ漠然と、それができないようでは本当の男じゃないよな。
そう思っていたのでした。

すると……お二人より明快な答えが返ってきました。
私が求めていた言葉になって返ってきたのです。
ああ、それなんだよ!
と、手を叩きたくなるほど晴れやかで誇らしい気持ちになりました。

触らぬ神に祟りなし。
今の世はすべてにおいて事なかれ主義がはびこっています。

自分を守るために、さっきまでの仲間を次の瞬間、
ポイッと生け贄に捧げてしまう薄情さがあります。

他人を見下しバカ扱いします。
困っている人に同情や共感するのを面倒くさがります。

だからこそ、子ども達にはあえて、
正しいと思えることは損をしてでもやりなさいと言い続けたい。
小さきもの、弱きものを愛おしむ心を備えなさいと言い続けたいと思います。
宮本警部対談(産経新聞)
対談の模様が平成20(2008)年3月31日付産経新聞に掲載されました。
記事にある「会場の男性」とは私のことです。

****************************************************
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
****************************************************

前のページ 次のページ

※『空手のこころ』は2010年9月~2012年9月にマイベストプロ東京で公開した『館長コラム』を転載したものですので、掲載している記述は執筆時点のものであり現況とは異なることもあります。

loading...