ホーム>空手のこころ>『わが身を挺した警官の記事』65
空手のこころ

『わが身を挺した警官の記事』65

2011-06-14

私は新聞を読むのを日課にしていて、
これはと思うものは切り抜いて保存しています。

中でも、子ども達に読んでもらいたい記事は、
道場の掲示板に貼っておきます。

その記事の余白に必ず私なりの意見や批評を書き込みます。
私の物の考えを理解してもらいたいからです。

平成19年2月7日。
朝刊を読んで目に留まった記事がありました。

それは、東武東上線ときわ台駅で自殺願望の女性を救出しようとして、
はねられた警察官のことでした。

私は子ども達に常々
“自分の身を挺してでも”友達を助けるんだよと言い聞かせていました。
この記事はまさしくそのことでした。

身を挺して助けた人の、真に勇気ある行動が載っていたのです。
私はすぐに切り抜き、掲示板に貼りつけました。
救助の警官ひかれ重体2007.2.7.jpg
****************************************************
篠田 剛 SHINODA Tsuyoshi
日本空手道建武館 館長
****************************************************

前のページ 次のページ

※『空手のこころ』は2010年9月~2012年9月にマイベストプロ東京で公開した『館長コラム』を転載したものですので、掲載している記述は執筆時点のものであり現況とは異なることもあります。

loading...