ホーム>空手のこころ>『思いやりのある人』 50
空手のこころ

『思いやりのある人』 50

2011-01-16

次世代のリーダーを育てる。これは建武館が目指すひとつです。

リーダーの資質の一つに「思いやる心」があります。
この「思いやる心」を育むために建武館は掃除をやります。

掃除の中でもみんなが一番やりたがらないトイレ掃除をやります。
それも素手で。イヤだなと思うことを経験させるのです。

すると、いつもは気にも留めなかったけれど、
汚しっぱなしで去ってしまう人が目につきます。
とても自分勝手で横柄な人間と映ります。

同時に、這いつくばって頑張っている人の、
苦労や痛みというのもわかるようになってきます。

このように、下っ端の仕事をすることで、
下っ端の気持ちが理解できるようになり、
人の身になって考えられるようになって、
やがて思いやる心が生まれるのです。

下っ端の仕事は喜んで引き受けましょう。

建武館 篠田剛

前のページ 次のページ

※『空手のこころ』は2010年9月~2012年9月にマイベストプロ東京で公開した『館長コラム』を転載したものですので、掲載している記述は執筆時点のものであり現況とは異なることもあります。

loading...